NP Golf Studio Atsushi Nakamura Golf  Academy

NP GOLF
STUDIO BLOG鬼か仏か?! 中村敦プロのブログ

2022.09.05

巻き持ちは大成せん!

 「巻き持ちは大成せん」



 ドライバーでのショットが

 しょっちゅう左に巻く

 チーピン球を打つ方、いるのではないだろうか。


 ワンオンが出来そうな短めのショートホールで

 しょっちゅう巻いてグリーンの左に外す方、
 
 いるのではないだろうか。


 最高のドライバーを打った時ほど

 グリーンを狙ったショットが

 左に巻いてしまうって方、

 いるのではないだろうか。


 「この人、また巻いたよ」と

 知り合いのゴルファーに

 一日中、巻きまくっている方

 いるのではないだろうか。



 「巻き持ちは大成せん」と

 よく私は言っている。


 巻き球やチーピン球はインパクトで

 クラブヘッドの先側が下がる

 『トゥダウン』が原因だ。


 『トゥダウン』がおきる原因は

 「真っ直ぐに飛ばしたい」欲が強く出て

 本来正しくはクラブヘッドはフォロースルーで

 進行方向の左に抜けていくのだが

 この時のクラブヘッドは進行方向に

 真っ直ぐ出ていく。



 「真っ直ぐに飛ばそうと思わないで」

 「グリーンに乗せたいと思わないで」と

 私は言う。


 事実、私はコースの中でショットを打つ際

 真っ直ぐに打つこととかグリーンに乗せるとかは

 考えずに

 今、この現状でするべくスウィングを

 勇気をもってする事を考える努力をしている。


 「OB打ったところで命取られん」
 
 「池に入ったところで鯉の餌」ってな感じで

 ある意味

 「何処に飛んでもいいから
 
 フィニッシュに行く~~」と振っている。


 すると、真っ直ぐに飛ぶ確率が増える。


 そんな私でも、アイアンで巻き球を

 打つことは殆どないが

 ドライバーショットの時

 一瞬、OBが頭をよぎったりすると

 巻き球が発生することがある。


 その時は自分の心の弱さを反省する。



 
 「巻き持ちは大成せん」


 コンペで優勝しそうになった時。

 ベストが更新できそうな時。

 ライバルに勝ちそうになった時。


 大事な時にかぎって巻き球が出て

 
 台無し・・・・・・・チャンちゃん

 ※参考動画
    ⇊
https://www.youtube.com/watch?v=od6_PdU7nto 
 ノンプレッシャーの

 「練習場では巻かないのに

 コースでは巻くんだよね~」って

 ぼやいている方。


 意外に・・・・・・・・・多い


 巻き持ちは大成しませんよ。


 真っ直ぐに飛ばしたい欲を

 抑えてくださいね。



中村プロの動画レッスンをご覧ください。
https://www.youtube.com/channel/UCkuj4bTLYcppNacI0MPlb4w/feed
NPゴルフスタジオのFacebookのページです  
https://www.facebook.com/NPGOLFSTUDIO/
          
  福岡天神に近く、元トーナメントプロが完全な

  マンツーマンスタイルを貫き

  4スタンス理論も取り入れ

  ゴルフレッスンをする、

  数少ない室内ゴルフレッスン施設

  インドアゴルフレッスン

  NPゴルフスタジオ

カテゴリ:[ゴルフレッスン | NPゴルフスタジオ]

2022.07.25

パタパタ、ワッグル!

 昔、学生時代・・・・・・・・

 
 私がアドレスに入ると

 一緒に回っている親友Fが笑う。

 
 笑う理由は

 私がアドレスに入った後で

 大きく足踏みをしクラブをグルグル動かす姿が

 面白かったようだ。


 確かにゴルフを始めた時から

 よく動いていた。


 『パタパタ』
 
 『ワッグル』


 小刻みに足を動かすことを『パタパタ』

 クラブをゆらゆら動かすことを『ワッグル』


 ゴルフの上手な方は大なり小なり

 『パタパタ』『ワッグル』をやっている方も

 多い。


 特にアメリカのPGAツアーを観ていると

 ド派手な『ワッグル』をよく目にする。


 デシャンポーがドライバーを打つ時など

 ティーイングエリアをクラブヘッドで

 太鼓を叩くがごとく上下に動かす。


 パトリック・リードは

 「これでもか」というほどクラブヘッドを

 クニャクニャ動かす。



 『パタパタ』『ワッグル』は

 クラブの重さを感じ、

 正しくインパクトが出来るアドレスを

 無意識に探している。


 従って『パタパタ』『ワッグル』は

 良いショットを打つのに

 必要な行為だ。


 特に無限大にある傾斜地のアドレスは

 『パタパタ』『ワッグル』無しでは

 良いショットは望みにくい。


 アマチュアの方とラウンドをしている時

 遠目に見ていて

 「絶対にミスをする」と分かる方も多い。


 傾斜がきついのに

 只々、クラブヘッドを球の後ろに置いて

 ヘンテコなアドレスのまま打ってしまう。


 感の良い方なら

 「このアドレスのままではミスしてしまう」と

 察知し

 『パタパタ』『ワッグル』をして

 ベストないしベターなアドレスを

 探し出してから打つ。



 私も日頃、会員様を観察していて

 初心者でも無意識に『パタパタ』『ワッグル』を

 する方もいるし

 ゴルフ歴は長いベテランの方でも

 全くしない方もいることに気付く。


 前者は感の良い方で将来上手くなる可能性も

 高い。

 後者は感の悪い方で長年ゴルフをしているが

 ゴルフに行き詰っている方も多い。


 感の悪い方のミスショット率は高い。


 『パタパタ』『ワッグル』


 無意識に出来ている方は

 今のままでもいいが

 
 全くしない方は

 最初はわざとらしくていいので

 意識的にもぞもぞと動いてみるように

 心がけるとよいだろう。

 
 その内、無意識に出来るようになる可能性がある。



 『パタパタ』『ワッグル』の話をすると

 私と回ったことのある方からは

 「プロって結構しますよね」と

 言われることがある。


 私は『パタパタ』『ワッグル』無しでは

 打てない。


 学生時代より動きは小さくなったが・・・・・



中村プロの動画レッスンをご覧ください。
https://www.youtube.com/channel/UCkuj4bTLYcppNacI0MPlb4w/feed
NPゴルフスタジオのFacebookのページです  
https://www.facebook.com/NPGOLFSTUDIO/
          
  福岡天神に近く、元トーナメントプロが完全な

  マンツーマンスタイルを貫き

  4スタンス理論も取り入れ

  ゴルフレッスンをする、

  数少ない室内ゴルフレッスン施設

  インドアゴルフレッスン

  NPゴルフスタジオ

カテゴリ:[ゴルフレッスン | NPゴルフスタジオ]

2022.06.27

押さえが効くスウィング!


 先日、ラウンドの時

 前の組に30代くらいの女性がいた。


 この女性が素振りをするとクラブヘッドを

 進行方向に出し、とても高いフィニッシュを

 取っていた。


 一見、綺麗なフィニッシュに見えるのだが

 私にはそれが危なっかしく見えていた。


 その日は来場者も多く、常に詰まっていたので

 毎ホール、毎ホールこの女性のショットを

 見ることになった。


 右の林・・・・・・

 出すだけ・・・・・

 右の林・・・・・・

 出すだけ・・・・・


 ティーショットは20~30度くらい右に飛び

 林に入る。

 林に入った球をコースに戻して3打目は

 右の林に飛び込む。


 その繰り返し


 見ていて気の毒になった。


 一見きれいに見える

 ハイフィニッシュ・・・・・・

 『押さえが効かないスウィング』は

 怖い。


 日頃、私は

 「ゴルフのスウィングの中で

 最も悪はトゥダウン」と言っている。


 インパクトの時に手元が浮いて

 クラブの先(トゥ側)が下がって

 トゥダウンになってしまった時は

 手元が浮かないトゥアップしている時より

 インパクトのフェースの開閉度が

 3~4倍になる。


 従って、

 トゥダウンがおきたインパクトでは

 ド右、ド左に飛ぶ確率が上がる。


 私は手元の下がった、トゥアップのインパクトの

 スウィングを

 『押さえの効いたスウィング』と言っている。

 
 『押さえの効いたスウィング』で打った球は

 曲がらない。


 フォロースル―がやたらに高いスウィングは

 トゥダウンが起きていて

 『押さえの効いていないスウィング』と言って

 ドスライス、チーピン、チョロ、

 シャンク、ドダフリ、テンプラ

 悪い球は全部出る。


 コースでも

 『押さえの効いていないスウィング』は

 よく見る・・・と言うか

 『押さえの効いたスウィング』を見る方が

 少ない。


 私は当スタジオの会員様には

 『押さえの効いたスウィング』しか

 教えていないのだが

 ラウンド時にはOBや池やバンカーが

 気になり

 『押さえの効かないスウィング』に

 なってしまう方も多い。


 
 プロのトーナメント

 (特に男子、中でも海外の男子)を

 観ていて

 アイアンショットなどで

 左の肘が低い位置に収まっている

 いわゆる”ライン出し”のフィニッシュが

 『押さえの効いたスウィング』の

 代表例だ。


 
 『押さえの効くスウィング』・・・・・・・


 身につけたいものだ。



 私の口癖・・・・・・・・・

 「左の肘が下がった下手くそを

 見たこと無い」



中村プロの動画レッスンをご覧ください。
https://www.youtube.com/channel/UCkuj4bTLYcppNacI0MPlb4w/feed
NPゴルフスタジオのFacebookのページです  
https://www.facebook.com/NPGOLFSTUDIO/
          
  福岡天神に近く、元トーナメントプロが完全な

  マンツーマンスタイルを貫き

  4スタンス理論も取り入れ

  ゴルフレッスンをする、

  数少ない室内ゴルフレッスン施設

  インドアゴルフレッスン

  NPゴルフスタジオ

カテゴリ:[ゴルフレッスン | NPゴルフスタジオ]

2022.06.06

念仏の大切さ!

 へそまで

 クロス

 クロス気味フェード

 ジャスティン

 ターゲットイメージ

 揺れるだけ



 「今日の念仏は何ですか?」

 「今の念仏は○○です」

 「念仏替えしました」

 「念仏言わなかったらミスした」

 こんな会話が私と会員様の間で交わされる。



 私はショットを打つ時に気を付ける事が

 2~3ある。

 
 例えば、オーバースウィング気味に

 ならないように

 「へそまで」

 ヘッドアップにならないよう

 「クロス」などのように

 心の中で念仏を唱えるかとのごとく

 ブツブツとスウィングのチェックポイントを

 言っている。



 ドライバーの念仏

 フェアウエーウッドの念仏

 ユーティリティーの念仏

 アイアンの念仏

 アプローチの念仏

 バンカーの念仏

 パターの念仏

 に加え

 傾斜地の念仏

 ラフの念仏 etc.


 当スタジオの会員様にも

 なるべく『念仏』を心の中で言いながら

 打って頂くように指導している。



 いざラウンド・・・・・・・


 1番ホールのティーショット

 ドライバーを選択

 ターゲットを決めてセットアップ

 左右の景色を消して

 『念仏』をブツブツ

 勇気を振り絞り一気に振り切る・・・・・


 「ナイスショ!!!」


 池越えの2打目

 7番アイアンを選択

 ターゲットを決めてセットアップ

 手前の池を消して

 『念仏』をブツブツ

 勇気を振り絞り一気に振り切る・・・・・


 「ナイスオン!!!」


 コースでプレーをしていて

 真っ直ぐに飛ばしたい欲

 グリーンに乗せたい欲が

 強くなると球が曲がる確率が増える。


 それよりもターゲットを向いたら

 『念仏』を唱えながら

 良いスウィングだけを心がけると

 結果、真っ直ぐに飛ぶ確率が増える。


 
 私はラウンド中、すべてのショットで

 『念仏』を唱えている。

 
 『念仏』無しでは良いショットを

 打てる自信が無い。


 
 ラウンドする時

 『念仏』を準備して唱え続けると

 良い結果が出る確率が上がる。


 試してみては。



中村プロの動画レッスンをご覧ください。
https://www.youtube.com/channel/UCkuj4bTLYcppNacI0MPlb4w/feed
NPゴルフスタジオのFacebookのページです  
https://www.facebook.com/NPGOLFSTUDIO/
          
  福岡天神に近く、元トーナメントプロが完全な

  マンツーマンスタイルを貫き

  4スタンス理論も取り入れ

  ゴルフレッスンをする、

  数少ない室内ゴルフレッスン施設

  インドアゴルフレッスン

  NPゴルフスタジオ

カテゴリ:[ゴルフレッスン | NPゴルフスタジオ]

2022.05.23

他人の小技はガン見!


 ゴルフ場で練習場に行く時に

 練習グリーンでパッティングの

 練習をしている方をほんの数分だが

 見る様にしている。


 「今日のグリーンの速さはこのくらいか」と

 確認作業をする。


 日頃、レッスンをしていて

 「同伴者のパッティングやアプローチをした

 球がどのような動きをするかガン見ですよ」と

 言っている。


 例えばアプローチ・・・・・・

 
 同伴者が打つのを横から見ているとして

 「あのくらいの高さから落ちると
 
 あのくらいバウンドをしてあのくらい

 転ぶのか~」と経験値が手に入る。


 特に自分が打つ球は進行方向しか

 見ることが出来ないが

 同伴者のものは横から見ることが出来るため

 球の動きが自分の打ったものより

 リアルに分かるので

 質の良い経験値となる。


 例・・・・・・


 同伴者がバンカー越えのアプローチを

 しようとしている。


 それを横から見ている。


 同伴者の打ったアプローチはトップをしてしまい

 バンカーの土手に強く当たった。

 球は高く舞い上がりそれが運よく

 ピンに寄っていった。

 
 結果オーライだ。


 もしこの映像が経験値として頭の中に入ったら

 グリーンそばのライの悪い林の中から

 7番アイアンくらいのクラブで

 意図的に低い球を打って土手にぶつけて

 グリーンに乗せるという作戦を

 引き出すことが出来るかもしれない。


 この例のように

 球の動きの経験値は

 頭の中に多ければ多いほど良い。


 ラウンド数の多い、年配の方が意外に

 アプローチが上手なのは

 球の動きの経験値が大量にあり

 引き出しが多い事が考えられる。



 月に1回程度ラウンドをするゴルファーが

 自分の打ったアプローチやパターの

 球の動きの経験値だけでは

 非常にもったいない。


 自分以外の2~3名の方の

 球の動きの経験値を盗み見て

 いただく方が

 アプローチのバリエーションが増え

 パターの距離感も出てくる。


 「同伴者のパッティング、アプローチはガン見」


 球の動きの経験値は

 スコアーを大きく向上させる。


 同伴者が小技をする時

 メンチ切れ!!



中村プロの動画レッスンをご覧ください。
https://www.youtube.com/channel/UCkuj4bTLYcppNacI0MPlb4w/feed
NPゴルフスタジオのFacebookのページです  
https://www.facebook.com/NPGOLFSTUDIO/
          
  福岡天神に近く、元トーナメントプロが完全な

  マンツーマンスタイルを貫き

  4スタンス理論も取り入れ

  ゴルフレッスンをする、

  数少ない室内ゴルフレッスン施設

  インドアゴルフレッスン

  NPゴルフスタジオ

カテゴリ:[ゴルフレッスン | NPゴルフスタジオ]

次のページ >