NP Golf Studio Atsushi Nakamura Golf  Academy

NP GOLF
STUDIO BLOG鬼か仏か?! 中村敦プロのブログ

2019.06.17

グリーンの外に落とすアプローチ!

 「30ヤード以内のアプローチでファーストバウンドを

 グリーン上ではなくてグリーンの外に落とす割合は

 何%位ですか?」という質問をすると


 「えっ、外に落とすってどういうことですか?

 全部、グリーン上に落としてますよ」と答える方も多い。



 私はラウンドレッスンの時、必ずラウンド前の

 アプローチグリーンでグリーン上にファーストバウンドを

 落とさないアプローチをレッスンする。


 
 例えばボールからエッジまで10ヤードの花道で

 エッジからピンまでが4~5ヤード。

 普通の打ち方でエッジを越えた所にバウンドをさせたら

 基本的には上手く打っても1ピンから2ピン位

 オーバーするはずだ。

 
 もし、この状況で寄せようと思ったら二種類の

 方法がある。

 一つは、SWでフェースを開いてスピンの効いた

 球を打つ。

 二つ目は、低めの球で花道に1~3バウンドさせて

 勢いを殺してグリーンに乗せていく。

 
 特にラウンドレッスンでは二つ目の攻め方を

 強調して教える。

 

 「30ヤード以内のアプローチで無限大にある

 シュツエーションで私レベルで15~20%、スコアーが

 100前後の方なら35~40%、120位の

 初心者の方なら50%以上がグリーンの外に

 球を落とす必要がある」と私は思っている。


 私はグリーンの外に落とす場合はSWのロフトを

 立てて低い球を打つケースが多いがレベルの低い方は

 PWや8番アイアン前後のクラブで転がしていってもいい。


 
 「アプローチがダフッたりトップしたりする」

 「グリーンを横断して行ったり来たりする」


 本来はグリーンの外に落として寄せないといけない

 アプローチでオーバーしている過去の経験値から

 すくい打ちをしてしまいダフリ・・・トップ・・・

 グリーン・・・・・横断・・・・・


 
 先日、ラウンドをご一緒させていただいた75歳女性

 U様にもグリーン外に球をバウンドさせるアプローチを

 教えたら・・・・・・・

 上手くいったアプローチに

 親指を立てて・・・・・

 「簡単~~~」と。

 
 
 グリーンが速いマスターズ観戦していると

 プロでもグリーンの外に球を落とすアプローチを

 多用している。



 グリーンを行ったり来たりしている方。

 グリーンの外に落とすアプローチを

 知らないんじゃないですか?



中村プロの動画レッスンをご覧ください。
https://www.youtube.com/channel/UCkuj4bTLYcppNacI0MPlb4w/feed
NPゴルフスタジオのFacebookのページです  
https://www.facebook.com/NPGOLFSTUDIO/
          
  天神に近く、元トーナメントプロが完全な

  マンツーマンスタイルを貫き

  ゴルフレッスンをする、

  数少ない室内ゴルフレッスン施設

  インドアゴルフレッスンNPゴルフスタジオ

カテゴリ:[ゴルフレッスン | NPゴルフスタジオ]

2019.06.03

4スタンス理論のおかげ!


 幼少の頃から水泳をやっている三女の

 競技会のビデオを見ると・・・・・

 「テーク ユア マーク(位置について)」の

 号令で後ろに体重を掛ける子と掛けない子がいるが

 三女は掛けない。


 先日、うどん屋さんで家内と三女と昼食をとっていて

 家内と三女のうどんをすする手の使い方が全然違った。

 
 私は子供の頃から歩き方が偉そう(がに股)と

 言われていた。


 電車やバスの吊り輪の握り方が人によって違う。


 
 日々、多くの方のレッスンをさせていただいていると

 各々、身体の使い方に個性があるのが分かる。

 
 その昔、レッスンをしていて

 「この方は何故、何度注意してもスタンスを

 広げるんだろう?」

 
 「この方は何故、トップで右肘を空けるんだろう?」


 「何故?」

 「何故?」って事が多くあった。

 
 しかし、今ではほとんど「何故?何故?」とは

 思わなくなった。


 『4スタンス理論』

 (廣戸 聡一さんという方が数十万人の方を

 調べ上げて、導き出した理論)


 人間の身体の使い方には4つのタイプがあるという理論。

 A1,A2,B1,B2ってな感じ。


 因みに私はB2、家内はB1、三女はA1。


 「テーク ユア マーク(位置について)」で

 私と家内は後ろに体重を掛ける。


 うどんを手首を使って食べる三女に対し

 肘を大きく動かしながら食べる家内。


 B2の私はがに股なので歩き方は偉そう。

 B1の家内は内股。


 吊り輪を指で握るAタイプ、手のひらで握る

 Bタイプ。


 
 ここ数年、何度も何度も『4スタンス理論』に助けられた。


 オーバースウィングがどうしても治らないB2の方が

 右のグリップを指で握っていたのに気付き、

 手のひらで握っていただいたら、ピタリと

 オーバースウィングが止まった。


 スタンスが広くチョロを頻繁に打つA2の方に

 狭いスタンスを勧めたら、チョロが激減した。


 等々。


 『4スタンス理論』と言う理論の存在を知って、

 日々、精巧なスウィング解析機でレッスンしていると

 今では完全に"4タイプ"の方々がいることが分かる。

 
 ダウンスウィングの下ろし方・・・・・

 構え方・・・・・・

 体重移動・・・・・・・

 
 全然違う。


 ただし、レッスン書を読み漁り、研究熱心な

 ベテランの方で自分のタイプからかけ離れた

 スウィングをし”迷走”入りしている方は

 タイプの判別がつけにくい。


 クラブを握ったことのないジュニアや

 ゴルフの知識のない方は基本的に

 自分のタイプ通りに握るし構えるから

 タイプの判別が容易だ。


 
 最近、思うことがある・・・・・


 こんなにもタイプによって動きが違うのに

 先人の何方かがもっと早くに発見しててくれても

 良かったのではなかったのかなぁっと思う。



 廣戸 聡一様

 『4スタンス理論』のおかげでレッスンが

 非常にやり易いです。

 ありがとうございます。



中村プロの動画レッスンをご覧ください。
https://www.youtube.com/channel/UCkuj4bTLYcppNacI0MPlb4w/feed
NPゴルフスタジオのFacebookのページです  
https://www.facebook.com/NPGOLFSTUDIO/
          
  天神に近く、元トーナメントプロが完全な

  マンツーマンスタイルを貫き

  ゴルフレッスンをする、

  数少ない室内ゴルフレッスン施設

  インドアゴルフレッスンNPゴルフスタジオ

カテゴリ:[ゴルフレッスン | NPゴルフスタジオ]

2019.04.29

”画”があると教えやすい!

 野球の文化の無い国の子供たちに野球を

 教えようとすると大変だろう。



 「球を投げる人がいて、投げた球を打ち返して

 右回りに走って、投げ返された球より早く

 ベースと言う四角い所を駆け抜けたらセーフで

 ・・・・・・・」 


 「3回振って当たらなければアウトで・・・・」

 
 ってな感じで一生懸命に伝えようとしても

 分かってもらえないだろう。


 もし、私が教える立場なら

 まずは何も語らずに動画(試合など)を何時間も

 観てもらう。


 すると、彼らの頭の中に野球という”画”が入る。



 私はプロのトーナメントをテレビで観るのは好きだ。

 観るならライブよりも録画を好む。


 もちろん、誰が優勝するか?等の結果はライブが

 良いけれど、気に入ったシーンを巻き戻して

 何度も観たいので録画がいい。


 あるプロのアプローチが凄くイメージが

 良かったとしよう。

 私はそのシーンを何度も何度も巻き戻して観る。

 多い時には50回を超えることもある。

 すると身体の中にそのプロが”憑依”し

 似たようなストロークで打つことが出来る。


 他にもショットやパット、ルーティーン、バンカー

 等々、テレビ中継を観ていると参考になることは

 多いし、観ているとゴルフそのもののイメージが

 わいてくる。


 
 「ゴルフの中継は観ますか?」に対して

 「観ますよ、大好きです」という方と

 「いや~、あんまり観ないですね~」という方では

 将来、大きく実力に差が出る可能性がある。



 もちろん、当スタジオには全くクラブを

 触ったことのない方や初心者の方も多く来る。

 
 「友達にゴルフが楽しいって聞いたから

 私も始めてみたいと思って」・・・・・

 「ゴルフってテレビで観たことあります?」

 「ありません」・・・・・


 この方々にはゴルフの”画”が無いから

 このままでは教えるのが大変だ。


 野球の文化の無い国の子供たちに野球を

 教えようとすると大変だろう。


 まさにこの状態。


 ゴルフを始めようと思ったら・・・・・・

 ゴルフが上手くなりたいと思ったら・・・・

 
 頭の中をゴルフの”画”で一杯にしていただきたい。


 頭の中に”画”が沢山ある方は・・・・・

 レッスンがしやすい。



中村プロの動画レッスンをご覧ください。
https://www.youtube.com/channel/UCkuj4bTLYcppNacI0MPlb4w/feed
NPゴルフスタジオのFacebookのページです  
https://www.facebook.com/NPGOLFSTUDIO/
          
  天神に近く、元トーナメントプロが完全な

  マンツーマンスタイルを貫き

  ゴルフレッスンをする、

  数少ない室内ゴルフレッスン施設

  インドアゴルフレッスンNPゴルフスタジオ

カテゴリ:[ゴルフレッスン | NPゴルフスタジオ]

2019.02.25

ゲーム能力向上の必要性!



 『私はゴルフを教えることが仕事だ』

 
 スウィング、一つとっても

 ドライバー、アイアン、ハーフスウィング、傾斜地、

 等々、沢山のスウィングがある。


 アプローチ、一つとっても

 上げる、転がす、ラフ、逆目ラフ、ロブ

 等々、沢山の打ち方がある。


 バンカー、一つとっても

 近い距離、遠い距離、目玉

 等々、いろんなシュチエーションがある。


 パター・・・・・・・・・


 教えなければいけないことは山ほどある。


 その山ほどあるゴルフレッスンでも、最も難しいと

 感じているレッスンがゲーム能力を向上させるレッスンだ。


 正直、幾らかの期間と本人の練習意欲があれば

 スウィングは比較的簡単に綺麗になるし良い球は

 打てるようになる。



 コースマネージメント・・・・・

 クラブチョイス・・・・・・・

 精神面・・・・・・・

 考え方・・・・・・

 言動・・・・・・・

 ルーティーン・・・・・・・

 練習の時の心構え・・・・・etc.


 どれだけ良いスウィングをしたとしても

 ゲーム能力が欠けていると良いスコアーは

 出にくい。


 当スタジオの中でスウィングが綺麗な会員様でも

 コースの中では全く違うスウィングをしている場合も多い。


 コースの中でのスウィングをスマホで撮影してきて

 私に見せる会員様も多いが当スタジオの中での

 スウィングとの違いに驚く。

 
 このような現象の方は精神面や真っ直ぐに飛ばす考え方の

 レッスンを施さなければならない。


 私はゴルフは

 『スポーツ3割り、ゲーム7割り』と思っている。

 
 歩く、打つはスポーツ・・・・・・


 考える、心を整えるはゲーム・・・・・・・


 
 『私はゴルフを教えることが仕事だ』


 スイングを整える指導はもちろんだが

 ゲーム能力の向上の指導も私の仕事。


 コースマネージメント・・・・・

 クラブチョイス・・・・・・・

 精神面・・・・・・・

 考え方・・・・・・

 言動・・・・・・・

 ルーティーン・・・・・・・

 練習の時の心構え・・・・・etc.



 「池越えのショートが怖い~~~~!」

 池の存在の消し方のレッスンがある。


 「ドラコンホールではいつも大スライスが出る」

 いつも変わらないルーティーンの提案。


 「練習場では良い球が出るのに~~」

 練習場とコースをリンクさせるレッスンの提案。


 
 ゲーム能力の向上のレッスンを受けて実践された方には

 良い結果が出る。


 私のゲーム能力を上げるレッスンの中に

 『念仏を唱える』っていうレッスンがある。


 例えば私がドライバーを打つ時。

 「フニャフニャ、こんにゃく、へそまで、クロス」

 このセリフを頭の中で念仏を唱えるが如く言っている。

 
 ソフトグリップで腕の力を抜いて、テークバックが

 上がり過ぎないようにコンパクトでヘッドアップしないで

 自分の左側に球を動かすという意味だ。


 
 会員様の仲良し二人組のA様、M様・・・・・・・


 A様、球を上げようとしてチョロが多い方。


 M様が「先日、Aさんとラウンドをしてて、ずっと

 念仏を唱えてましたよ」言っていた。


 A様、レッスン時。

 「この間のラウンド、凄く良かったですよ。」

 「チョロ無かったですよ」との事。


 A様の念仏・・・・・・・・

 「下に~~~、下に~~~」


 A様いわく、頑張って一日中”念仏”を唱え続けたらしい。

 
 A様・・・・・・・

 「念仏無しでは真っ直ぐ飛ばないですよね」と。


 A様のゲーム能力は少し上がった。



 ”ゲーム能力を上げると楽しいゴルフが待っている”



中村プロの動画レッスンをご覧ください。
https://www.youtube.com/channel/UCkuj4bTLYcppNacI0MPlb4w/feed
NPゴルフスタジオのFacebookのページです  
https://www.facebook.com/NPGOLFSTUDIO/
          
  天神に近く、元トーナメントプロが完全な

  マンツーマンスタイルを貫き

  ゴルフレッスンをする、

  数少ない室内ゴルフレッスン施設

  インドアゴルフレッスンNPゴルフスタジオ

カテゴリ:[ゴルフレッスン | NPゴルフスタジオ]

2018.09.03

商売なる!


 ふと、あるフレーズが頭に浮かんだ。

 『商売なる、商売なる』


 
 ドライバーがヒール気味であまり飛んでないがフェアーウェーにある。

 「くそ~、ヒールだよ~セカンドが残ちゃったよ」


 グリーンを狙ったショートホールでグリーン横の斜面に止った。

 「ワンオン狙ったのに~、こんな所に打つつもりはなかった~」


 ロングのセカンド、フェアーウェーウッドで打ったが

 チョロって120ヤード転がった。

 「へこむ~~~、チョロったよ~~~」
 

 
 OBになっていないし、池に入った訳ではないのにぼやいている方って

 結構多い。

 私風に言ったら  「行った所からガンバル」

 ぼやいたところで結果は変わらないんだから、その現実を認め

 今ある状況から一生懸命プレーをする。

 ぼやいてばかりいると次のショットもミスの確率が増える。



 その昔、関西時代に私の後援会があった。

 その会の会長(シングルプレーヤー)とラウンドをしていて

 会長がミスをしてヒールだったり、トップ気味だったりの球を打つと

 思わず「ミスったすか~」と言ってしまったら

 「商売なる、商売なる」と答えた。

 「飛んでないだけで、コースにボールはある、商売になるがな」と



 今、会員様とラウンドしたり、ラウンドの近況報告をお聞きすると

 『商売なる』所に球はあるのにぼやく方は多い。

 
 先日のレッスンで、あまりにもぼやく会員様がいたので

 『商売なる、商売なる』を伝授した。


 
 『商売なる、商売なる』


 会長から頂いた大好きなフレーズである。


NPゴルフスタジオのFacebookのページです  
https://www.facebook.com/NPGOLFSTUDIO/
中村プロの動画レッスンをご覧ください。
https://www.youtube.com/channel/UCkuj4bTLYcppNacI0MPlb4w/feed
          
  天神に近く、元トーナメントプロが完全な

  マンツーマンスタイルを貫き

  ゴルフレッスンをする、

  数少ない室内ゴルフレッスン施設


カテゴリ:[ゴルフレッスン | NPゴルフスタジオ]

次のページ >