NP Golf Studio Atsushi Nakamura Golf  Academy

NP GOLF
STUDIO BLOG鬼か仏か?! 中村敦プロのブログ

2019.11.25

真っ直ぐ飛ばしたいと思わない!


 左のOBが気になったらプッシュかチーピン。

 右の池が気になったらドひっかけ。

 谷越えだとチョロ。

 短いショートホール、ニアピンが懸かっていると

 巻いて左のバンカーイン。

 
 よく見る光景だ。


 練習場では上手くヒットして真っ直ぐに

 飛ぶ方がコースでは当たらない、曲がる。


 この現象は

 『真っ直ぐに飛ばしたい』

 『グリーンに乗せたい』と

 思う気持ちがあるからだ。


 
 私・・・・・・・・

 あるミドルホールのティーショット。

 フェアーウェーの右めに打ちたい。

 打ちたいところの400ヤード位先に

 一本の松の木が見える。

 その松の木にフェースを向け、アドレスを取り

 それ以外の景色を消して一気にフィニッシュまで

 振り切る。

 すると、真っ直ぐに飛ぶ。

 
 この時、OB杭も池も見えていない。


 私・・・・・・・・

 真っ直ぐ飛ばそうとは思っていない。

 「振り切ったら、きっと真っ直ぐ飛ぶはずだ」と

 思って振っている。


 一般アマチュアの方・・・・・・・・・

 「左のOBが怖いな~~」

 「右の池が気になるな~~」

 「真っ直ぐ飛んでくれないかな~~」

 
 結果・・・・・・

 振り切れず、進行方向に手が出ていってしまい、

 チーピン、ドスライス、チョロ。




 『ゴルファーの9割は下手くそ』と

 何かの記事を読んだことがある。


 何故にもこれだけのゴルファーが下手くそなのか?

 
 それは真っ直ぐに飛ばしたいと思ってゴルフを

 しているからだと思う。


 ターゲトを一点に決めて

 「OBしても池に入っても命が取られる

 わけではない~~~」ってやけくそ気味に

 振る人が増えると

 9割いる”下手くそ”が減る可能性がある。



 先日、日本オープンが終わったばかりの

 激難コースの古賀ゴルフクラブで

 プレーする機会があった。


 このコースは松林にセパレートされ非常に狭い為

 ティーショットは正直ビビる。


 私・・・・・・・・・


 「一点を見つめて~~~~~」

 「林は見えない~~~~~~」

 「勇気~~~勇気~~~~~」

 「エイッ」

 18ホール一度も真っ直ぐに打ちたいと

 思わないで回れた。
 
 結果、一度も林の中には入らなかった。




 『真っ直ぐ打ちたいと思わない』

 『グリーンに乗せたいと思わない』

 ただただ・・・・・・・振る

 きっと良い結果が出るはずだ。


中村プロの動画レッスンをご覧ください。
https://www.youtube.com/channel/UCkuj4bTLYcppNacI0MPlb4w/feed
NPゴルフスタジオのFacebookのページです  
https://www.facebook.com/NPGOLFSTUDIO/
          
  天神に近く、元トーナメントプロが完全な

  マンツーマンスタイルを貫き

  ゴルフレッスンをする、

  数少ない室内ゴルフレッスン施設

  インドアゴルフレッスンNPゴルフスタジオ

カテゴリ:[ゴルフレッスン | NPゴルフスタジオ]

2019.09.30

グリップ交換の意義!



 いつもマイクラブを持参する女性会員A様。

 
 A様、非常に綺麗なスウィングをする方なのだが

 日によって、調子にムラがある。


 ある日・・・・・・・・

 A様の調子がいい。

 
 「今日はすごくいいですね」なんて会話をして

 レッスンしている時、あることに気付いた。


 「グリップ交換しました?」


 先日にA様にレッスンしている時、グリップの

 古さが気になり”グリップ交換”を提案したところ

 すぐに交換しに行ったようだ。



 グリップが古くなって、滑りやすくなってくると

 ついつい知らぬ間にグリップを強く握ってしまい

 腕に力が入ってしまう。


 この日のA様のグリップ圧は弱く、力みなく振れて

 いたので調子が良かったのだ。


 
 また別の女性で最近当スタジオの会員になられた

 M様もクラブを持参する。


 M様のクラブのグリップのイメージ・・・・・・


 さっらっさら。


 グリップ力は全く無く、強く振ればすっぽ抜けて

 飛んで行きそうだ。


 当然、グリップ交換を提案した。



 
 古くてグリップ力の無いグリップを

 使っている方は意外に多い。

 
 ツルツルのグリップでゴルフをすると強く握り過ぎて

 二の腕に力が入り、スムーズな動きが出来なくなる。


 ツルツルのグリップはゴルフ上達の妨げだ。



 私は自分でグリップ交換する。


 特にドライバーとスプーン、サンドウエッジは

 使用頻度も多いので頻繁に交換する。



 グリップと同様にグローブも大事だ。


 グリップ力の落ちた古いグローブも古く滑り

 やすくなったグリップと同じで力みの原因になる。



 滑らないグリップ・・・・・・

 グリップに密着するグローブ・・・


 ナイススウィングには必要不可欠。



 M様グリップ交換には行ったものの・・・・・

 
 「グリップ交換って意外に高いので使う頻度の

 高いクラブだけ変えた」とのこと。


 ピンク、白、ピンク、白、白、ピンク・・・・・

 その内全部ピンクにしてください。


中村プロの動画レッスンをご覧ください。
https://www.youtube.com/channel/UCkuj4bTLYcppNacI0MPlb4w/feed
NPゴルフスタジオのFacebookのページです  
https://www.facebook.com/NPGOLFSTUDIO/
          
  天神に近く、元トーナメントプロが完全な

  マンツーマンスタイルを貫き

  ゴルフレッスンをする、

  数少ない室内ゴルフレッスン施設

  インドアゴルフレッスンNPゴルフスタジオ



カテゴリ:[ゴルフレッスン | NPゴルフスタジオ]

2019.08.05

全英オープンのプロを参考に!


 マスターズを観戦していると・・・・・


 硬くてガラスの様に早く、ポテトチップスの様に

 大きくうねっているグリーン。


 このコースを攻略するためには正確に

 ”高い球”を打つ必要がある。


 マスターズをプレーする超一流のプロを見ていると

 アマチュアには絶対に真似できないであろう

 人間離れしたゴルフをする。

 私のような三流プロから見れば

 彼らは”宇宙人”だ。


 
 先日、『全英オープン』が開催された。


 『全英オープン』は本来、イギリスのリンクスで

 行われるのが習わしなので、海が近く、木も生えてなく

 カチカチに硬いフェアーウェー、ひとたび風が

 吹き出すと立っていられなくなるほどだ。
 
 
 
 『全英オープン』・・・・・・・

 
 トーナメントの中でもプロが最も

 ”アマチュアチック”になるトーナメントだ。 


 今年の最終日は時折雨が降り、かなりきつめの

 風も吹く荒天だった。


 観戦・・・・・・・・

 
 フルフィニッシュをほとんど見かけない。

 アイアンショットの多くは大きなターフを取って

 ぶつけるだけのパンチショット。

 ロングアイアンで放たれたショットは

 50ヤード以上転がってグリーンオン。

 ドラーバー、スプーンのショットですら

 ライン出し。

 グリーンのエッジまでかなりの距離があるのに

 パターで転がし。

 ジャスティン・ローズは打ち上げのアプローチを

 スプーンで打って寄せた。




 『ゴルフに打ち上げる動きはない』

 あるプロが残した言葉。


 私も「球を上げる動作はダメ」と

 常々言っている。


 まさに『全英オープン』でプレーするプロは

 打ち下ろしている。


 打ち下ろす動きは低弾道で左右に行きにくく

 ターゲットに飛ぶ確率が上がる。

 
 
 『全英オープン』を観ていた会員様数人から、

 「いつもプロが言っているみたいに、

 みんな下げてましたね」と言われた。


 
 上げないスウィング・・・・・

 ゴロゴロ転がし・・・・・・・


 アマチュアの方に真似してほしいゴルフが

 『全英オープン』にある。




中村プロの動画レッスンをご覧ください。
https://www.youtube.com/channel/UCkuj4bTLYcppNacI0MPlb4w/feed
NPゴルフスタジオのFacebookのページです  
https://www.facebook.com/NPGOLFSTUDIO/
          
  天神に近く、元トーナメントプロが完全な

  マンツーマンスタイルを貫き

  ゴルフレッスンをする、

  数少ない室内ゴルフレッスン施設

  インドアゴルフレッスンNPゴルフスタジオ

カテゴリ:[ゴルフレッスン | NPゴルフスタジオ]

2019.06.24

軽い球、重い球!


 大学卒業のお祝いに親からクラブのフルセットを

 買ってもらった若い会員様。


 当スタジオに入会してどんどんスウィングも

 良くなってドライバーのヘッドスピードは

 50m/s前後出るようになってきた。


 そんな彼にラウンドでのドライバーの飛距離を

 聞くと

 「220~230」と答える。


 「もっと飛ぶはずだけどな~。きっとクラブが

 合っていないと思うから、一度見せて」と私。


 その後、持ってきたクラブを確認すると

 立派なものではあるけれど、完全にシャフトは

 柔らかいし、ロフトもあり過ぎる。


 「出来れば、クラブを変えた方がいいし

 変えるならシャフトはXでもいいんじゃない

 ですか?」と勧めたが、親からいただいた

 クラブをその時変えることはなかった。



 先日、ラウンドをご一緒した50代男性会員T様。

 最近、暴れていたゴルフもすっかり落ち着き

 安定して80台の半ばで回ってくる。

 しかし、ドライバーの飛距離が出てない。



 『重い球、軽い球』


 私のドライバーのヘッドスピードは46~47m/s位で

 飛距離は270ヤードほどだ。

 シャフトはXでロフトは7.5度で球の回転数は

 一分間に2300~2700回転位になるように

 作ってある。

 
 このくらいの回転数だと吹き上がることなく

 風の影響も受けにくい、大砲の球のような放物線を描く。


 これが・・・・・

 『重い球』



 前出の彼に説得を続けて2年。

 やっと、フィティングをしてXシャフトのクラブを

 購入した。

 結果、290ヤード飛ぶようになったとのこと。


 その彼がフィティングに行った時にクラフトマンに

 言われたのが

 「元のクラブは回転数が4000~5000あります

 これでは吹き上がりますよ」と。


 前のクラブを使っていた彼の球は戦闘機が離陸する

 時の様に空を突き上げるように上昇し、

 前に飛ぶ推進力が無く220ヤード地点にポトリと

 落ちていた。


 これが・・・・・・・・

 『軽い球』



 後出の50代の男性。

 私とのラウンドの直後にフィッティングに行ったら

 「回転数4500でした~~」とのこと。

 
 この男性も『軽い球』を打っていた。


 
 ”軽い球の原因”

 1、シャフトが柔らかすぎる・・・・

 2、ロフトが寝過ぎている・・・・・

 3、インパクトが極端な※ハンドレイト・・・・
 

 ※クラブヘッドが手より先行してインパクトすること
 

 前出の彼の原因は1と2

 後出の方は3


 
 意外に多い例。

 若くてパワーのある方が年配のお父さんの古いクラブを

 譲り受けて『軽い球』を打っている方。

 やはり原因は1と2


 
 軽い球は風の影響をもろに受け、

 飛距離も出ない。

 重い球の打てるクラブとスウィングで

 ゴルフがしたいものだ。


 
 補足。

 重すぎる球(回転数が2000以下と少なすぎる)は

 すぐに落下して飛ばない。

 原因は固すぎるシャフトとロフトが少なすぎること。


中村プロの動画レッスンをご覧ください。
https://www.youtube.com/channel/UCkuj4bTLYcppNacI0MPlb4w/feed
NPゴルフスタジオのFacebookのページです  
https://www.facebook.com/NPGOLFSTUDIO/
          
  天神に近く、元トーナメントプロが完全な

  マンツーマンスタイルを貫き

  ゴルフレッスンをする、

  数少ない室内ゴルフレッスン施設

  インドアゴルフレッスンNPゴルフスタジオ

カテゴリ:[ゴルフレッスン | NPゴルフスタジオ]

2019.06.17

グリーンの外に落とすアプローチ!

 「30ヤード以内のアプローチでファーストバウンドを

 グリーン上ではなくてグリーンの外に落とす割合は

 何%位ですか?」という質問をすると


 「えっ、外に落とすってどういうことですか?

 全部、グリーン上に落としてますよ」と答える方も多い。



 私はラウンドレッスンの時、必ずラウンド前の

 アプローチグリーンでグリーン上にファーストバウンドを

 落とさないアプローチをレッスンする。


 
 例えばボールからエッジまで10ヤードの花道で

 エッジからピンまでが4~5ヤード。

 普通の打ち方でエッジを越えた所にバウンドをさせたら

 基本的には上手く打っても1ピンから2ピン位

 オーバーするはずだ。

 
 もし、この状況で寄せようと思ったら二種類の

 方法がある。

 一つは、SWでフェースを開いてスピンの効いた

 球を打つ。

 二つ目は、低めの球で花道に1~3バウンドさせて

 勢いを殺してグリーンに乗せていく。

 
 特にラウンドレッスンでは二つ目の攻め方を

 強調して教える。

 

 「30ヤード以内のアプローチで無限大にある

 シチュエーションで私レベルで15~20%、スコアーが

 100前後の方なら35~40%、120位の

 初心者の方なら50%以上がグリーンの外に

 球を落とす必要がある」と私は思っている。


 私はグリーンの外に落とす場合はSWのロフトを

 立てて低い球を打つケースが多いがレベルの低い方は

 PWや8番アイアン前後のクラブで転がしていってもいい。


 
 「アプローチがダフッたりトップしたりする」

 「グリーンを横断して行ったり来たりする」


 本来はグリーンの外に落として寄せないといけない

 アプローチでオーバーしている過去の経験値から

 すくい打ちをしてしまいダフリ・・・トップ・・・

 グリーン・・・・・横断・・・・・


 
 先日、ラウンドをご一緒させていただいた75歳女性

 U様にもグリーン外に球をバウンドさせるアプローチを

 教えたら・・・・・・・

 上手くいったアプローチに

 親指を立てて・・・・・

 「簡単~~~」と。

 
 
 グリーンが速いマスターズ観戦していると

 プロでもグリーンの外に球を落とすアプローチを

 多用している。



 グリーンを行ったり来たりしている方。

 グリーンの外に落とすアプローチを

 知らないんじゃないですか?



中村プロの動画レッスンをご覧ください。
https://www.youtube.com/channel/UCkuj4bTLYcppNacI0MPlb4w/feed
NPゴルフスタジオのFacebookのページです  
https://www.facebook.com/NPGOLFSTUDIO/
          
  天神に近く、元トーナメントプロが完全な

  マンツーマンスタイルを貫き

  ゴルフレッスンをする、

  数少ない室内ゴルフレッスン施設

  インドアゴルフレッスンNPゴルフスタジオ

カテゴリ:[ゴルフレッスン | NPゴルフスタジオ]

次のページ >