NP Golf Studio Atsushi Nakamura Golf  Academy

NP GOLF
STUDIO BLOG鬼か仏か?! 中村敦プロのブログ

2020.06.22

トゥダウンは最も悪!

 『トゥダウンは最も悪』


 距離の短いショートホール・・・・・

 ニアピンが懸かっている。

 「是が非でも乗せたい」

 
 結果・・・・・・・・

 巻いて左のバンカー。



 最終ホールダブルボギーでも99・・・・

 初の100切りが懸かっている。

 「何とかフェアーウェーをキープしなければ」


 結果・・・・・・・・

 チーピンでOB・・・・・・

 100切りならず。


 
 珍しくナイスショットを打って

 80cmのバーディーパット・・・・・・

 「絶対に入れなければ!」


 結果・・・・・・・・

 打った瞬間に左にひっかけ。



 寄せたらパーとなる花道からの簡単なアプローチ・・・・

 「寄せるぞ~~」と息巻いて


 結果・・・・・・・

 ザックリしてカラーまでしか行かない。



 クラブの先の方はトゥ側。

 クラブの根元の方はヒール側。


 『トゥダウンは最も悪』


 パター、アプローチも含めてショットを打つ時、

 突如として、とんでもないミスショットが出るときの

 殆どはインパクトでトゥダウンが起きている。


 チーピン・・・・・・

 どダフリ・・・・・・

 どプッシュ・・・・・

         etc.


 真っ直ぐ飛ばしたい。

 球を上げたい。


 インパクトの時に前傾姿勢が崩れ

 手元が浮いてしまうとトゥダウンが起こる。



 『トゥダウンは最も悪』

 日頃、レッスン時に使うセリフ。


 
 パターも・・・・・・

 アプローチも・・・・

 ショットも・・・・・


 トゥダウンが起きなければミスは・・・・


 凄く・・・・・減らせる。



中村プロの動画レッスンをご覧ください。
https://www.youtube.com/channel/UCkuj4bTLYcppNacI0MPlb4w/feed
NPゴルフスタジオのFacebookのページです  
https://www.facebook.com/NPGOLFSTUDIO/
          
  天神に近く、元トーナメントプロが完全な

  マンツーマンスタイルを貫き

  ゴルフレッスンをする、

  数少ない室内ゴルフレッスン施設

  インドアゴルフレッスンNPゴルフスタジオ

カテゴリ:[ゴルフレッスン | NPゴルフスタジオ]

2020.03.30

同じワンストロークなのに!


 一日レッスンをしていると必ず何人かの会員様が

 スコアーカードを私に提出して助言を求めてくる。


 スコアーカードの余白に『右OB』『ダフリ池』

 『バンカー3回』や『チョロ』等と現象を

 明確に書き記した物も多い。


 そのスコアーカードを見ていると

 落ち込んでいる時に3パットやアプローチの

 ミス等を多くしていることが分かる。


 例えばバンカーで4回打ってやっと出ただけで

 まだグリーンに乗っていない時に

 単調なアプローチをしてしまいトップを

 打って、距離の残ったパターを雑にプレーしてしまい

 3パットか4パット。


 この例ではバンカーの脱出に4回掛かったことに

 気持ちが凹んでしまい、「寄せてやろう」という

 気持ちも起こらないままアプローチをしてしまい

 ミスし、「急がなきゃ」と打ったパターは3パットで

 11ストロークになってしまった。


 連続OBの後に3パット・・・・・・・

 バンカー複数回打った後で3パット・・・

 グリーン手前の池に2回入れた後に4パット・・・


 気持ちが凹んだ事による雑なプレーの可能性がある。


 久しぶりのバーディーパットには真剣になるのに

 入れてダブルスコアーになるパットの時は

 気が抜けて打っているケースも多い。

 ”同じワンストロークなのに”だ。


 5を4にすること簡単ではない。

 4を3にするのは大変。

 3を2にすることはもっと大変。


 10を9にすること、

 9を8にすること、

 8を7にすること・・・・・・・・

 そんなに大変ではない。


 気持ちが凹みそうな気持は分かるけれど

 一打一打を真剣にプレーして

 ミドルホールでダブルスコアーになりかけたけれど

 トリプルボギーで抑えられた時は

 「ナイストリプル!」

 「よくぞトリプルで抑えられた!」と言って欲しい。


 こういったゴルフを繰り返しているうちに

 実力がついてくる。

 当然、スコアーも良くなっていく。


 
 凹んでいる時こそ真剣なプレー・・・・・・は

 8を7に・・・・・・・

 7を6に・・・・・・・

 出来ますよ。


中村プロの動画レッスンをご覧ください。
https://www.youtube.com/channel/UCkuj4bTLYcppNacI0MPlb4w/feed
NPゴルフスタジオのFacebookのページです  
https://www.facebook.com/NPGOLFSTUDIO/
          
  天神に近く、元トーナメントプロが完全な

  マンツーマンスタイルを貫き

  ゴルフレッスンをする、

  数少ない室内ゴルフレッスン施設

  インドアゴルフレッスンNPゴルフスタジオ

カテゴリ:[ゴルフレッスン | NPゴルフスタジオ]

2020.02.10

パタパタする!


 ”パタパタ”=足踏みをすること


 上級者は大なり小なりアドレスに入った後で

 小さく足踏み(パタパタ)をする。


 無意識で・・・・・・


 パタパタすることで打ち易そうな

 アドレスを探している。


 パタパタする方のアドレスの『間』は美しい。

 見ていて上手く打てそうな気がする。


 その逆でパタパタを全くしない方のアドレスの
 
 『間』は綺麗ではない。

 
 構えるたびに・・・・・・

 一球前よりボールから遠くに構えた?

 今度は近くに?

 今度はさっきよりボールの位置が左(右)?


 といったように

 同じ条件で打ったとしても、打つたびに

 アドレスが微妙に違う。

  
 もちろんこのような方のボールへの

 ミート率は悪い。



 ある若い女性会員様。

 当スタジオに入会しているものの練習に

 いくわけでも無く、コースにいくわけでも

 無いのにレッスンは通っていただいている。


 彼女の最大の長所は・・・・・・・


 彼女はアドレスの『間』が悪いと絶対に

 テークバックを始動しない。

 当然、パタパタを多くやって

 「このアドレスなら打てる」という『間』を

 探している。

 
 彼女、練習には行かないが非常に良いボールを

 打つ。



 「当たらない気がする」→パタパタする。

 →「当たる気がしてきた」

 →感の良い方である


 「クラブヘッドをボールの位置に置きさえすれば

 当たるだろう」→パタパタしない

 →感の悪い方である


 特にコースでアップダウンがある場合は

 パタパタは増える。


 
 ミート率の悪い方、傾斜地が苦手な方・・・・・

 一度”パタパタ”をして『間』を見つけることで

 良い球が打てる確率が増えるはず。



中村プロの動画レッスンをご覧ください。
https://www.youtube.com/channel/UCkuj4bTLYcppNacI0MPlb4w/feed
NPゴルフスタジオのFacebookのページです  
https://www.facebook.com/NPGOLFSTUDIO/
          
  天神に近く、元トーナメントプロが完全な

  マンツーマンスタイルを貫き

  ゴルフレッスンをする、

  数少ない室内ゴルフレッスン施設

  インドアゴルフレッスンNPゴルフスタジオ

カテゴリ:[ゴルフレッスン | NPゴルフスタジオ]

2020.01.13

前向きな言葉!

 「このホールって、こんなに広かったっけ~」 


 
 多くの方が多かれ少なかれ、嫌なイメージの

 ホールはどのゴルフ場にもあるはずだ。


 もう、だいぶ昔の話だが

 1998年の芥屋GCでのKBCオーガスタに

 出場した時、初日のスタートホールで

 いきなり、チーピンでOBを出した。


 それから、次に芥屋GCをプレーする機会を

 得たのは13年後の2011年だった。

 13年ぶりのそのホールはやはり

 あなりイメージは良くなく

 やや狭いホールに見えた。


 そして、今、1019年は・・・・・・・


 「このホールって、こんなに広かったっけ~」

 
 
 中村語録・・・・・・

 1. 10メーターほどの難しくないライン

 「これ、入りそうな気がする」


 2. バンカーに入った時

 「バンカーは大好物」
 
 「不思議とバンカーショットの後のパットは

 良いパットが出来るんだよね」 


 3. ロングホールでツーオンを狙い、バンカーに

  入った。

 「2回に一回はバーディやし」


 4. 大きく曲がるメチャ難しい下りのライン

 「これ、二つでいったら気持ちいやろうなぁ」


 5. ラウンド中に雨が降り出した

 「雨も降らんと米も出来んし、芝も青くならん」

 6. 強風

 「今のクラブはロースピンやから、そんなに

 風に負けんもんね」

 7. スタートホール

 「スタートホールって、基本真っ直ぐ行くんよね」


 
 1.4. 入らないまでも良いパットが出来る確率が

  グンと上がる。

 
 2.3. バンカーセーブ率が上がる。


 5. 雨やレインウエア―のうっとうしさから

  解放される。


 6. 風のプレッシャーが少なくなる。

 
 7. 後ろの組がいても気にならない。



 私はティーイングエリヤに行き、少しでも広く

 見えたら、

 「このホール、こんなに広かったっけ~」って

 いう事がある。


 すると、本当にコースがどんどん広く感じ

 プレッシャーから解放され良いスウィングが

 出来る。


 結果、真っ直ぐに飛ぶ確率が増える。



 「池越えやん、池に入れそう」

 「谷越えでOBしそうやから、古いボールに

 取り替えよう」

 「このホール、狭~~、ビビるわ~」

 「さっきも短いパット外したから、また外しそう」

 「このライン難しいから3パットしそう」

 「バンカー、一回で出し切らんちゃもんね~」


 悪いこと、後ろ向きのことを口にする

 アマチュアの方は多い。


 悪いことを言って上手くいく確率が増えるか?

 もちろん、失敗の可能性が格段と上がる。


 
 ゴルフは常にプレッシャーとの闘い。

 プレッシャーに打ち勝つ手立ての一つに

 ”前向きな言葉”を発するという手が

 あると思う。


 
 悪いこと・・・・・・・・

 言いたくなる気持ちは分からない訳ではないが

 「良いスコアーで回りたい、良いゴルフがしたい」と

 思うのならば、


 ”前向きな言葉”言うべきである。



中村プロの動画レッスンをご覧ください。
https://www.youtube.com/channel/UCkuj4bTLYcppNacI0MPlb4w/feed
NPゴルフスタジオのFacebookのページです  
https://www.facebook.com/NPGOLFSTUDIO/
          
  天神に近く、元トーナメントプロが完全な

  マンツーマンスタイルを貫き

  ゴルフレッスンをする、

  数少ない室内ゴルフレッスン施設

  インドアゴルフレッスンNPゴルフスタジオ

カテゴリ:[ゴルフレッスン | NPゴルフスタジオ]

2019.11.25

真っ直ぐ飛ばしたいと思わない!


 左のOBが気になったらプッシュかチーピン。

 右の池が気になったらドひっかけ。

 谷越えだとチョロ。

 短いショートホール、ニアピンが懸かっていると

 巻いて左のバンカーイン。

 
 よく見る光景だ。


 練習場では上手くヒットして真っ直ぐに

 飛ぶ方がコースでは当たらない、曲がる。


 この現象は

 『真っ直ぐに飛ばしたい』

 『グリーンに乗せたい』と

 思う気持ちがあるからだ。


 
 私・・・・・・・・

 あるミドルホールのティーショット。

 フェアーウェーの右めに打ちたい。

 打ちたいところの400ヤード位先に

 一本の松の木が見える。

 その松の木にフェースを向け、アドレスを取り

 それ以外の景色を消して一気にフィニッシュまで

 振り切る。

 すると、真っ直ぐに飛ぶ。

 
 この時、OB杭も池も見えていない。


 私・・・・・・・・

 真っ直ぐ飛ばそうとは思っていない。

 「振り切ったら、きっと真っ直ぐ飛ぶはずだ」と

 思って振っている。


 一般アマチュアの方・・・・・・・・・

 「左のOBが怖いな~~」

 「右の池が気になるな~~」

 「真っ直ぐ飛んでくれないかな~~」

 
 結果・・・・・・

 振り切れず、進行方向に手が出ていってしまい、

 チーピン、ドスライス、チョロ。




 『ゴルファーの9割は下手くそ』と

 何かの記事を読んだことがある。


 何故にもこれだけのゴルファーが下手くそなのか?

 
 それは真っ直ぐに飛ばしたいと思ってゴルフを

 しているからだと思う。


 ターゲトを一点に決めて

 「OBしても池に入っても命が取られる

 わけではない~~~」ってやけくそ気味に

 振る人が増えると

 9割いる”下手くそ”が減る可能性がある。



 先日、日本オープンが終わったばかりの

 激難コースの古賀ゴルフクラブで

 プレーする機会があった。


 このコースは松林にセパレートされ非常に狭い為

 ティーショットは正直ビビる。


 私・・・・・・・・・


 「一点を見つめて~~~~~」

 「林は見えない~~~~~~」

 「勇気~~~勇気~~~~~」

 「エイッ」

 18ホール一度も真っ直ぐに打ちたいと

 思わないで回れた。
 
 結果、一度も林の中には入らなかった。




 『真っ直ぐ打ちたいと思わない』

 『グリーンに乗せたいと思わない』

 ただただ・・・・・・・振る

 きっと良い結果が出るはずだ。


中村プロの動画レッスンをご覧ください。
https://www.youtube.com/channel/UCkuj4bTLYcppNacI0MPlb4w/feed
NPゴルフスタジオのFacebookのページです  
https://www.facebook.com/NPGOLFSTUDIO/
          
  天神に近く、元トーナメントプロが完全な

  マンツーマンスタイルを貫き

  ゴルフレッスンをする、

  数少ない室内ゴルフレッスン施設

  インドアゴルフレッスンNPゴルフスタジオ

カテゴリ:[ゴルフレッスン | NPゴルフスタジオ]

次のページ >