NP Golf Studio Atsushi Nakamura Golf  Academy

NP GOLF
STUDIO BLOG鬼か仏か?! 中村敦プロのブログ

2021.10.11

スライス治してハンドレートになる!



 「ゴルフのスウィングで最も悪は

 トゥダウン」

 「次に悪いことはハンドレート」と

 私は思っている。


 ハンドレートとはインパクトの時

 手よりクラブヘッドが先行して

 球に当たること



 ハンドレートの症状・・・・・・


 球が高い。

 アイアンの距離が出ない。

 風の強い日が苦手。

 ラフからのショットが苦手。

 SWのフルショットでダルマ落としになり

 希望の距離が全くでない。

 チョロが多い。


 
 体験レッスンの時、

 スウィングを始めて見せていただいくと

 時折、強烈なハンドレートな方に出会う。


 そんな方にお聞きすると決まって

 「スライスを治すために早めに手を

 返している」と答えが返ってくる。

 場合によっては

 「右足の前で返している」という方もいる。



 スライスの原因にはいろんなタイプがある。


 ダウンスウィングでクラブフェースが

 開いておりてきている。


 アウトサイドインの軌道になっている。

 
 フォローで左肘が抜けている。


 インパクトで手が浮いている。

              等


 そんな中でもダウンスウィングで

 フェースが開いていて下りてくるタイプは

 そのまま、ハンドファーストでインパクトすると

 フェースが開いてインパクトすることになり

 結果、大きく右に曲がることになる。


 そのため

 手首のタメを早くほどき

 クラブヘッドを先行させてインパクトをし

 右に行くのを防止しようとする。


 すると・・・・・・・・・・


 プレーに大きく支障をきたす

 『ハンドレートインパクト』が出来上がる。



 本来ならこのような症状の方は
 
 ダウンスウィングで開いているフェース面を

 閉じて下ろすようにしないといけなかったのだ。


 スライスすることの対処法が

 必ずしも”手を返す”事が正解とは限らない。


 
 ハンドレートのインパクトでは

 大きな上達は見込めない。


 スライスを治そうとして手を返して
 
 球が高い。

 アイアンの距離が出ない。

 風の強い日が苦手。

 ラフからのショットが苦手。

 SWのフルショットでダルマ落としになり

 希望の距離が全くでない。

 チョロが多い。

 の症状が出ている方は

 ただちに治療をした方がいい。



 しかし・・・・・・・

 
 ハンドレートインパクトの治療は

 意外に大変である。



中村プロの動画レッスンをご覧ください。
https://www.youtube.com/channel/UCkuj4bTLYcppNacI0MPlb4w/feed
NPゴルフスタジオのFacebookのページです  
https://www.facebook.com/NPGOLFSTUDIO/
          
  天神に近く、元トーナメントプロが完全な

  マンツーマンスタイルを貫き

  4スタンス理論も取り入れ

  ゴルフレッスンをする、

  数少ない室内ゴルフレッスン施設

  インドアゴルフレッスン

  NPゴルフスタジオ

カテゴリ:[ゴルフレッスン | NPゴルフスタジオ]

2021.09.27

人間界とゴルフ界の常識のズレ!



 『人間界の常識とゴルフ界の常識に

 90度のズレがある』



 卓球やテニスの素人が相手のコートに

 打ち返す時、大抵の場合、ラケットの面を

 進行方向を向けて押し出すような

 カッコになるはずだ。


 (ラケットの代わりにうちわを使用)


 卓球やテニスのラケットは面の真ん中に

 握る棒(?)が付いているので

 面をコントロールして相手コートに

 向けることで正しく打ち返すことが出来る。


 それに対して

 面の端っこに棒(シャフト)が付いている

 ゴルフのクラブは身体が進行方向を向いた時

 フェース面は進行方向に対して

 90度左を向く。


 
 「真っ直ぐに飛ばすためには真っ直ぐに面を

 動かすといい」は人間界の常識。


 「真っ直ぐに飛ばすためには

 フェース面は左を向く」はゴルフ界の常識。



 『人間界の常識とゴルフ界の常識に

 90度のズレがある』



 ゴルフを難しくしているのが

 人間界とゴルフ界の常識に90度のズレが

 あることだ。


 スライスで悩んでいる方

 手前を大きくダフル方

 巻き球を連発する方は

 人間界の真っ直ぐでクラブを動かそうとしている

 可能性がある。



 フィニッシュで万歳を感じたり

 フィニッシュで後ずさりしたり

 フィニッシュで後方の足が前に出て

 バランスを壊したりしている方も

 その可能性がある。


 
 練習場は良い球が出るのに

 コースでは全然ダメな方は・・・・・


 ノンプレッシャーの練習場では

 ゴルフ界の常識で球を打っていて


 「真っ直ぐに飛ばしたい」と強く思う

 コースでは人間界の真っ直ぐで

 球を打ってしまう。



 『人間界の常識とゴルフ界の常識に

 90度のズレがある』


 日々、会員様に良いスコアーを出していただきたくて

 人間界とゴルフ界の真っ直ぐの常識の

 ズレをレッスンをすることに精を出している。



中村プロの動画レッスンをご覧ください。
https://www.youtube.com/channel/UCkuj4bTLYcppNacI0MPlb4w/feed
NPゴルフスタジオのFacebookのページです  
https://www.facebook.com/NPGOLFSTUDIO/
          
  天神に近く、元トーナメントプロが完全な

  マンツーマンスタイルを貫き

  4スタンス理論も取り入れ

  ゴルフレッスンをする、

  数少ない室内ゴルフレッスン施設

  インドアゴルフレッスン

  NPゴルフスタジオ

カテゴリ:[ゴルフレッスン | NPゴルフスタジオ]

2021.08.09

気持ちの良いグリップ探し!


 『フィンガーグリップ』

 『パームグリップ』


 指でグリップを包み込むようにして握る

 フィンガーグリップに対して

 手のひらで包み込むように握る

 パームグリップ。 


 『インターロッキング』

 『オーバーラッピング』


 右利きの方が

 左手の人差し指と右手の小指を

 絡まさせて握る、

 インターロッキンググリップに対して

 左手の人差し指の上に右手の小指を

 乗せるだけの

 オーバーラッピンググリップ。


 昔からレッスン書を読むと

 主に、この二つの握り方が出てくる。


 私もゴルフを始めた時に

 フィンガーグリップと

 パームグリップとの両方を試した結果

 気持ちよく握れる

 パームグリップを選択した。


 インターロッキングと

 オーバーラッピングに関しては

 インターロッキングで握ると

 絡めている右手の小指が痛くて

 オーバーラッピングしか

 選択肢が無かった。



 先日、日頃からグリップが美しくない事を

 懸念していた、初心者の男性会員様に

 オーバーラッピングからインターロッキングに

 変更することを提案してみたところ

 凄くスマートで美しいグリップに変化し、

 本人も「凄くしっくりくる」と

 そのグリップを喜んだ。

 
 その方はゴルフを始めた時に

 オーバーラッピングを教わったとの事。

 

 『フィンガーグリップ』

 『パームグリップ』


 『インターロッキング』

 『オーバーラッピング』



 フィンガーグリップの

 インターロッキング


 フィンガーグリップの

 オーバーラッピング


 パームグリップの

 インターロッキング

 
 パームグリップの

 オーバーラッピング


 前出の初心者の会員様は

 パームのオーバラッピングの私とは

 真逆の

 フィンガーのインターロッキングで

 美しいグリップを手に入れた。


 私もグリップは美しい自信がある。



 グリップが汚いと感じていたり

 しっくりこないと感じていたり

 他の方から

 「グリップが変」と言われることが
 
 多い方は握り方の変更を検討しても

 面白いかもしれない。



中村プロの動画レッスンをご覧ください。
https://www.youtube.com/channel/UCkuj4bTLYcppNacI0MPlb4w/feed
NPゴルフスタジオのFacebookのページです  
https://www.facebook.com/NPGOLFSTUDIO/
          
  天神に近く、元トーナメントプロが完全な

  マンツーマンスタイルを貫き

  4スタンス理論も取り入れ

  ゴルフレッスンをする、

  数少ない室内ゴルフレッスン施設

  インドアゴルフレッスン

  NPゴルフスタジオ

カテゴリ:[ゴルフレッスン | NPゴルフスタジオ]

2021.06.28

ゲーム能力の練習!



 週末にあるトーナメントの他にBS放送の

 『ゴルフ侍』

 『ゴルフサバイバル』

 『ペア―マッチ選手権』を

 毎週録画をしている。 


 それらを夕食時に観るのだが

 観ている間、常に喋っている。


 「そこに外したら寄らんよね~」

 「左から行かなきゃ」

 「逆目に止まった、どう打つかな?

 俺ならロブかな~」

 「直接行ったらダメよ、ワンクッションよ」

 「右からの風やから俺やったら打ち易い」等々


 ず~~と喋ている。


 テレビを観ながら、あたかも自分が

 プレーしているってな感じ。


 「今のアプローチ、メチャ雰囲気がいい!!」と

 思ったら何回も巻き戻して観る。


 今の私は物理的に年に20ラウンド前後ほどが

 限界なのだがテレビを観ながら

 『ゲーム能力』を上げている。


 そのおかげで、ラウンド数は少ないが

 ゲーム感はそんなに衰えていない。



 先日の松山プロが優勝した

 マスターズ観戦している時も

 私が喋った後で解説の中嶋プロが

 私が喋ったことと同じことを話すので

 家内が

 「プロって同じ感性で観てるんやね」と

 言っていた。


 そんな家内も

 私がゴルフのテレビ観戦をしている時

 横で私の様にテレビに向かって喋っている。


 その喋っている内容があまりにも的確なので

 驚かされる。


 家内は年に1~2ラウンドほどしか回らないが

 基本的に100は切ってくるし

 3年ほど前にはレギュラーティーから85で

 回ってきた。

 この年は2ラウンドしか回っていない。


 家内の『ゲーム能力』の高さも

 テレビ観戦で培ったものだと思われる。


 日頃、会員様に

 「ゴルフの番組は録画して観てくださいね」と

 よく言っている。


 「プロは上手いな~、カッコいいな~」

 「凄いな~」っと観るのではなく

 「このケースはどのように打つんだろう?」

 「ルーティーンを真似てみよう」

 だとか、参考にすることが

 たくさんある。


 多くの方は練習場に球を打つ練習に行くが

 それは球を打つ能力を上げる練習で

 『ゲーム能力』を上げる練習ではない。


 『ゲーム能力』を上げる為には、

 多くのラウンド数があれば良いのだが

 普通、一般的に多くの方はそんなに

 多くはラウンド出来ない。


 ならば『ゲーム能力』を上げようと思えば

 上手い人(プロ)の動画を観て

 思ったことを喋るといい。


 私はこれを

 ”ゲーム能力の練習”と言っている。


 私の勝手な見解だがゴルフは

 「スポーツが3割、ゲームが7割」と思っている。


 練習場にはせっせと通っても

 一向にスコアーが出ない方は

 ゲーム能力を上げる練習が必要かもしれない。


 テレビ観ながら「ブツブツ」・・・・・・・


 スコアーが良くなるかも



中村プロの動画レッスンをご覧ください。
https://www.youtube.com/channel/UCkuj4bTLYcppNacI0MPlb4w/feed
NPゴルフスタジオのFacebookのページです  
https://www.facebook.com/NPGOLFSTUDIO/
          
  天神に近く、元トーナメントプロが完全な

  マンツーマンスタイルを貫き

  4スタンス理論も取り入れ

  ゴルフレッスンをする、

  数少ない室内ゴルフレッスン施設

  インドアゴルフレッスン

  NPゴルフスタジオ

カテゴリ:[ゴルフレッスン | NPゴルフスタジオ]

2021.06.21

押さえがきくゴルフ!


 『押さえがきく』

 
 インパクトで手元が下がっている状態の事を

 私は『押さえがきいている』と言っている。


 ショートアイアンなら

 グリップエンドからダウンスウィングに入り

 手が下りて行き、ハンドファーストでインパクトをし

 ターフが取れれば『押さえがきいている』と言える。


 プロがアイアンショットで後頭部まで振り抜かず

 左の肘が低い所にでフィニッシュを取る

 いわゆる『ライン出しフィニッシュ』も

 『押さえがきいている』状態と言えよう。


 逆に『押さえがきいていない』状態とは

 インパクトで手が浮き、クラブヘッドを

 進行方向に投げ出し、”万歳”するがのごとく

 ハイフィニッシュを取る方。


 ショートアイアンでグリーンを狙って

 左に巻き球を打つ方は

 間違いなく『押さえはきいていない』


 ショートアイアンでダフリ以外でターフを

 取ったことの無い方も『押さえがきいていない』

 可能性がある。


 イギリスのリンクスコースで行われる

 全英オープンで風が吹き荒れた時の

 プロのスウィングの殆どは

 フルフィニッシュではなく

 『押さえのきいた』ライン出しか

 インパクト即フィニッシュの

 パンチショットだ。

 『押さえがきかなかったら』

 風に翻弄されて球はどこに飛んで行くか

 分からない。



 残念ながら当スタジオの会員様と

 一緒にラウンドしていても

 スタジオでは押さえがきいていても

 コースでは押さえがきいていない方が

 非常に多いことに気付く。


 真っ直ぐに飛ばしたい欲、

 グリーンに乗せたい欲が強いと

 押さえがきかなくなる。



 『押さえがきく』スウィングの方の球は

 ”ねじれずに”枠の中に飛び込んでいく。


 『押さえがきく』・・・・・・・・

 知ればゴルフが簡単になる。



中村プロの動画レッスンをご覧ください。
https://www.youtube.com/channel/UCkuj4bTLYcppNacI0MPlb4w/feed
NPゴルフスタジオのFacebookのページです  
https://www.facebook.com/NPGOLFSTUDIO/
          
  天神に近く、元トーナメントプロが完全な

  マンツーマンスタイルを貫き

  4スタンス理論も取り入れ

  ゴルフレッスンをする、

  数少ない室内ゴルフレッスン施設

  インドアゴルフレッスン

  NPゴルフスタジオ

カテゴリ:[ゴルフレッスン | NPゴルフスタジオ]

次のページ >