NP Golf Studio Atsushi Nakamura Golf  Academy

NP GOLF
STUDIO BLOG鬼か仏か?! 中村敦プロのブログ

2020.09.07

親友とプライベートゴルフ!



 ラウンドの殆どがラウンドレッスンの為

 私には殆どプライベートのラウンドは無い。



 
 私は14歳の時に小学校の時からの親友

 Hと「一緒にプロになろうぜ!」みたいな

 ノリでゴルフを始めた。


 ゴルフ代捻出の為の新聞配達もHが先に

 始めたので私も始めた。


 某ゴルフ場のキャディーのアルバイトに

 行ったのもHと一緒だ。

 
 高校を卒業するまで、ずっと一緒だった。

 
 私が高校を卒業するとプロを目指すために

 関西のゴルフ場に行った為、会う機会は

 めっきり減ったが親友であることには

 変わりはなかった。


 今のスタジオをオープンする際の融資を

 受ける時も一つ返事で保証人を引き受けて

 くれた。


 そんなHも今は仕事で東京にいる。

 
 6月某日Hから電話が・・・・・・

 「8月に休み取って福岡に行くから一緒に

 ゴルフをしようぜ」と。


 そして、8月24日の月曜日に久しぶりの

 ラウンドレッスンでないプライベートの

 ラウンドが決まった。



 因みにHは有名ゴルフ部のある某高校の

 初代キャプテンである。


 Hの一つ下のゴルフ部の後輩でプロも

 目指していて結果プロにはなれなかったが

 ハンディ5の実力者S氏と

 当スタジオの会員でハンディ11の

 『ミスターNPゴルフ同好会』のI氏と

 I氏のホームコースをバックティーから

 ラウンドをさせていただいた。


 
 久しぶりのプライベートラウンド。


 率直に・・・・・・・・・

 「人の世話をしなくていいラウンドは

 楽しい~~~~」


 ラウンドレッスンのラウンドは常に会員様の

 スイングや仕草に目を配り、前の組から

 遅れないように進行にも注意して

 走り回って、慌てならラウンドをしている

 感じがする。


 このラウンドは・・・・・・・・

 自分に与えられた時間が長い。

 
 グリーン上ではラインを読む余裕がある。

 アドレスに時間をかけれる。

 心を落ち着かす時間がある。



 当日朝、ホテルにHを迎えに行きゴルフ場に

 2時間近く前に到着。

 
 念入りに練習をし、いざスタート・・・・・・

 
 1番ホールワンピンほどのバーディパットが

 決まって幸先よく『モーニングバーディ』

 2番・・・・・・バーディ

 3番・・・・・・バーディ

 4番・・・・・・3メーターのパットが

 カップをなめてパー

 5番・・・・・・バーディー


 5番を終えて4アンダー・・・・・

 
 心配されたイップスは大丈夫と

 思われたがホールを重ねるごとに

 どんどん手が動かなくなってきて

 途中からはパターが猛烈に悪くなっていった。


 しかし、そんなパターとは対照的に

 ショットは真っ直ぐに飛んで行く。

 グリーンを外すことはない。

 ワンピン以内のバーディパットは山ほど

 あるがイップスの出ている私には決めることが

 出来ない。

 ロングパットが残ると3パット。


 結果、4バーディ2ボギーの70・・・・

 2ボギーは3パット。


 感覚的には65か66では回れてた感じ。


 毎日、欠かさずにパターを練習しているのに

 少し悔しい。


 それでも、久しぶりのプライベートゴルフを

 満足に練習も出来ていない自分が真剣に回ると

 まだまだゴルフらしいゴルフが出来ることが

 確認できたことが嬉しかった。


 
 親友Hとのプライベートラウンド・・・・・・

 とても楽しかった。



中村プロの動画レッスンをご覧ください。
https://www.youtube.com/channel/UCkuj4bTLYcppNacI0MPlb4w/feed
NPゴルフスタジオのFacebookのページです  
https://www.facebook.com/NPGOLFSTUDIO/
          
  天神に近く、元トーナメントプロが完全な

  マンツーマンスタイルを貫き

  ゴルフレッスンをする、

  数少ない室内ゴルフレッスン施設

  インドアゴルフレッスンNPゴルフスタジオ

カテゴリ:[プロゴルファー『敦』 | NPゴルフスタジオ]

2020.08.31

フォースオピニオン!

 去年(2019)のゴールデンウイーク・・・・・・

 
 スタジオ内の観葉植物が大きくなってきたので 

 大きな鉢に植え替えようとプラスチック制の

 植木鉢をのこぎりで裁断した翌日、

 右肩を痛めた。


 当初は寝ている時も寝返りを打つたびに

 目が覚めて、起きている時も三角巾で

 腕を吊っていないといけないぐらいだったが

 気持ち的には「湿布でもして2~3週間も

 したら良くなっているだろう」と軽く考えていた。


 痛めてすぐに自宅近くの整形外科を受診し

 湿布と痛み止めの飲み薬をいただいた。


 1週間が過ぎ・・・・・・

 2週間が過ぎ・・・・・・

 一向に治る気配がない。


 レッスン時のデモストレーションで

 クラブを振るのにも激痛が走る。


 ラウンドレッスンは痛み止めを服用して

 何とか回るがラウンド後数日は

 痛みがひどい。


 1ヶ月が過ぎ・・・・・・

 2ヶ月が過ぎ・・・・・・


 自宅近くの整形外科の先生から

 「原因が分からないからMRIのある

 病院を紹介するからそっちに行って

 みて下さい」と言われて

 大きな整形外科に転院。


 『セカンドオピニオン』


 MRI検査の結果、

 「炎症は見られるものの筋は切れていない」

 「きつめの痛み止めの注射を打ちましょう」

 という事になった。

 
 注射の後に先生に

 「この注射はかなりきつめなので次は

 3~6ヶ月は間を空けないとダメです」

 と言われた。


 注射をしていただき2ヶ月くらいは

 少しクラブも振れるようになって

 レッスンもし易くなっていたのだが

 3ヶ月を越えるあたりから

 また、痛みが出てきた。


 もう一度注射を打ってもらうことも

 考えたが、根本的に治るわけではないので

 スポーツ整形外科に転院。


 『サードオピニオン』


 その病院の先生には

 「肩甲骨を柔らかくすれば症状は改善する」

 と言われ、リハビリにせっせと通った。

 
 理学療法士の方に患部をマッサージしてもらい

 肩甲骨の動きを良くするトレーニングを

 数種類教えてもらい家でも毎日やった。


 何となく良い方向に向かっているような

 気はしていたのだけれど、

 練習でアイアンは打てるが、ドライバーを

 打つと腕が抜けそうになる。


 その旨を先生に伝えると・・・・・・

 「大学病院で診てもらいましょう」と


 『フォースオピニオン』


 某大学系の整形外科を受診


 結果・・・・・・・・・・


 「元のスポーツ整形外科のリハビリに

 通ってください」との事。


 痛めて1年3ヶ月・・・・・・・・・・

 
 今だラウンドする時は痛み止めの

 ロキソニンを服用しないと回れない。


 1年3ヶ月、練習場にも殆ど行けていない。


 治る見込みも見えてこない。


 『フィフスオピニオン』があるのか

 このまま痛みと付き合うのか・・・・・・


 
 スタジオの窓際の観葉植物が1年3ヶ月

 前よりも大きくなった。

 肩の痛みと引き換えに。



中村プロの動画レッスンをご覧ください。
https://www.youtube.com/channel/UCkuj4bTLYcppNacI0MPlb4w/feed
NPゴルフスタジオのFacebookのページです  
https://www.facebook.com/NPGOLFSTUDIO/
          
  天神に近く、元トーナメントプロが完全な

  マンツーマンスタイルを貫き

  ゴルフレッスンをする、

  数少ない室内ゴルフレッスン施設

  インドアゴルフレッスンNPゴルフスタジオ

カテゴリ:[プロゴルファー『敦』 | NPゴルフスタジオ]

2020.08.24

16時間トイレ行かず!



 8月17日酷暑ラウンド。


 朝、6時に起床しトイレに行く。


 ゴルフ場に向かう車の中で時間をかけて

 ペットボトル2本(500ml)の水を

 飲み身体の水分量を満たす。

 
 ゴルフ場にスタートの2時間前に到着。


 例年決まって、夏のゴルフの日には3分の一の

 濃度のスポーツドリンクを8本(4L)持っていく。


 お昼休憩の時はコップ4~5杯(600ml)の

 お水をいただく。

 
 帰りの車の中でペットボトル2本を

 1時間かけて飲み干す。


 家に帰る前にスーパー銭湯で軽く汗を流す。

 その際、紙コップ6~7杯(1L)の水を飲む。


 夕食後、アルコールとは別に6、700ml程の

 お茶を飲む。


 この日、摂取した水分はアルコールを除き

 8000mlを超えた。


 夜12時前、寝る前にトイレに行く。


 「ん、俺って今日トイレに行ったっけ??」


 結局、この日は朝の6時にトイレに行き

 寝る間際までトイレに行っていない。

 18時間・・・・・・・・・・


 8000ml以上の水分を摂っているのにも

 かかわらず。


 恐るべし灼熱ゴルフ・・・・・・


 
 「足が攣った」

 「残り2ホールでギブアップした」

 「後半集中力が切れてスコアーを崩した」
 
 「頭が痛くなってきた」

 というような話は毎日のように会員様から

 お聞きする。


 これらの症状の殆どは水分不足で

 軽い熱中症だ。


 私は夏になるとラウンドをする会員様に

 多くの水分を摂るように呼びかけている。


 私自身昔、真夏の新潟の試合で熱中症になり

 ホテルで猛烈な震えと吐き気に

 襲われたことがある。


 その日は情けないことに夕食のビールが楽しみで

 後半、水分を摂っていなかった。


 そんな経験から今ではラウンド前夜から

 体水分量をコントロール(体水分量60%)に

 してから眠りにつく。


 ラウンドが無い日でも毎日3~4リットルは

 水分を摂っている。


 
 会員様とお話しするとラウンド中の水分摂取量が

 足りていない方が多い。


 せっかくのラウンドが

 「後半、集中力が無くなって崩れた」

 「フラフラになった」

 みたいなことがないように

 多くの水分と塩分を摂取して欲しい。



 『私は灼熱ゴルフは大好きだ』

 たくさん飲んでたくさん肌から出して

 ”デットクス~~~~”


 8リットル口から・・・・・・

 8リットル肌から・・・・・・

 「身体の中の水が入れ替わった~~」

 感じが・・・・・・・好き



 それにしても8リットルも飲んで

 トイレに18時間も行かないって

 恐るべし今年の夏!!


中村プロの動画レッスンをご覧ください。
https://www.youtube.com/channel/UCkuj4bTLYcppNacI0MPlb4w/feed
NPゴルフスタジオのFacebookのページです  
https://www.facebook.com/NPGOLFSTUDIO/
          
  天神に近く、元トーナメントプロが完全な

  マンツーマンスタイルを貫き

  ゴルフレッスンをする、

  数少ない室内ゴルフレッスン施設

  インドアゴルフレッスンNPゴルフスタジオ

カテゴリ:[プロゴルファー『敦』 | NPゴルフスタジオ]

2020.07.20

52になった!


 当スタジオには78歳の方を筆頭に

 多くの70歳代の会員様が所属していて

 皆さん本当に若々しくエネルギッシュだ。


 若い頃、50歳以上の男性を見ると

 「おっさんだな~」って思っていたが

 年配の元気な会員様を見ていると

 「俺なんてまだまだだ」と思う。



 7月16日に52歳になった・・・・・・


 昔、40過ぎた頃、知り合いの方に

 「50を過ぎたら一気にガクンとくるよ」と

 言われたことがある。


 ”しなやかな爺さん”を目指す私としては

 「俺は50ぐらいで衰えることはない」と

 思っていた。



 49で老眼になった。

 自信を持ってグリーンを狙ったショットが

 ショートすることが多くなってきた。

 立ち上がるとき「よっこらせ」と言うようになった。


 認めたくないけれど「老いてきてるやん」・・・



 もう52・・・・・・・・・

 まだ52・・・・・・・・・

 老いを少しでも遅らせれるように

 出来ることを・・・・・・・・

 ガンバル!!


 
 7月16日

 帰宅すると・・・・・・・・・・・

 関西の娘二人をリモートで交えて

 お祝いをしてもらった。




 
 ダンスイズドラゴンのサンバイザー

 40度の古酒の焼酎をもらって

 ご満悦。


 
 もう52・・・・・・

 まだ52・・・・・・

 人生100年時代の折り返しをチョット

 過ぎたところ。


 子供たちに

 「お父さん100まで生きる自信あんで~」と

 言ったら

 子供たちも

 「あるある」と言った。


 チョット老いてきたけど

 「まだまだ俺は若い」という気持ちだけは

 持ち続けたい。



中村プロの動画レッスンをご覧ください。
https://www.youtube.com/channel/UCkuj4bTLYcppNacI0MPlb4w/feed
NPゴルフスタジオのFacebookのページです  
https://www.facebook.com/NPGOLFSTUDIO/
          
  天神に近く、元トーナメントプロが完全な

  マンツーマンスタイルを貫き

  ゴルフレッスンをする、

  数少ない室内ゴルフレッスン施設

  インドアゴルフレッスンNPゴルフスタジオ


カテゴリ:[プロゴルファー『敦』 | NPゴルフスタジオ]

2020.07.13

レッスン歴31年!

 1989年バブル絶頂の頃・・・・私20歳


 所属先のプロのゴルフスクールが忙しくて

 私に「レッスンを手伝って欲しい」と

 助っ人の要請があった。


 これが私のゴルフレッスンの始まりだ。


 当時ゴルフ場からいただくお給料では

 プロテスト費用を捻出することも大変だったので

 練習の合間にレッスンをしていた。


 あれから31年・・・・・・・・・・

 
 やっとパープレーで回れるようになった

 20歳当時はレッスン書に載っているような

 単語を並べて、必死にレッスンをしていた。


 24歳でプロテスト合格・・・・・・

 60台のラウンドも増えてきた。


 1年が過ぎ・・・・

 2年が過ぎ・・・・

 ベストスコアーも60になった。


 それとともに少しレッスンの内容にも

 幅が出てきた。


 
 自分の性格・・・・・・・

 見た目とは裏腹に。

 
 几帳面

 神経質

 真面目


 20歳の頃からレッスンをしている時は

 一切手を抜いたことはない。

 いつも「この人を上手くしてやる」と

 強い気持ちでレッスンをしていた。


 だから、レッスンが上手くいかない時は

 結構、凹んで何日も悩むことがあった。

 レッスンが苦しくて嫌で嫌で仕方ない時期も

 あった。


 
 一生懸命レッスンをし続けること31年・・・・・


 レッスン技術が大きく向上した。


 昔は治せなかった症状の方でも今なら

 簡単に治せるようになった。


 会員様からは「マジック(手品)みたい」と

 言っていただくこともある。


 今は凹んで何日も悩むことはなくなった。


 31年人を教え続けて、

 レッスンが落ち着いてきたなぁと思うのは

 ここ数年だと思う。


 特に飛躍的にレッスン技術が向上したのは

 『4スタンス理論』の存在を知ってからだ。


 誰にでも左のグリップは「フックグリップ」を

 押し付けていた時代もあったけれど

 今ではそれを勧めてはいけないタイプの方が

 いることも知った。


 
 あれから31年・・・・・・・

 
 レッスン技術が上がったとはいえ

 まだまだ極まったわけではない。

 日進月歩、日々勉強。

 
 毎日多くの症例を見ていると多くの気付きがある。

 まだ、レッスン技術は上げれるはずだ。

 
 もう52歳・・・・・・

 脳の衰えなどを考慮するとおそらく

 今から4~5年後、56~57位が

 一番レッスンが上手くなっているのでは

 ないだろうか。



 今日も・・・・・

 明日も・・・・・

 明後日も・・・・

 会員様の為に尽くさせて頂きます。



中村プロの動画レッスンをご覧ください。
https://www.youtube.com/channel/UCkuj4bTLYcppNacI0MPlb4w/feed
NPゴルフスタジオのFacebookのページです  
https://www.facebook.com/NPGOLFSTUDIO/
          
  天神に近く、元トーナメントプロが完全な

  マンツーマンスタイルを貫き

  ゴルフレッスンをする、

  数少ない室内ゴルフレッスン施設

  インドアゴルフレッスンNPゴルフスタジオ


カテゴリ:[プロゴルファー『敦』 | NPゴルフスタジオ]

次のページ >