NP Golf Studio Atsushi Nakamura Golf  Academy

FREEMOVIE LESSON無料動画レッスン

よく見られる動画レッスン

  • スイングプレーンを整えるドリル

    連続振りで素振りやボールを打つ事でスイングプレーンが安定しミート率が格段にアップします。

  • 1スイング4分割ドリル

    1つのスイングを4つのドリルに分けて練習することできれいなスイングを身につけることができます。

  • 5つの症状を同時になおすドリル

    紹介したドリルを繰り返し練習することでアマチュアスイングの多くの欠点が改善されます。

無料動画レッスン一覧

  • まっすぐに球が飛ぶメカニズム

    紹介した内容を理解することでまっすぐに球が飛ぶメカニズムを知ることができます。そのドリルを練習に組み込むことによりまっすぐに飛ぶ確率が高くなります。

  • ヘッドアップ・スライス防止・美しいアームローテーション

    球を体の左サイド(左側)に撃ち抜くことによりヘッドアップはせず頭は残り、インサイドからクラブが下ろしやすくなって手が返り、スライスが防止できドローボールが打ちやすくなります。

  • 砂がサラサラのガードバンカーの打ち方

    ガードバンカーで砂が多く入っていて、サラサラのバンカーをSWのバンスを使い、薄く砂を取り脱出する方法

  • 正しくタメを作る素振り

    紹介した素振りを繰り返すことにより、ダウンスイングにタメができ、インパクト以降のヘッドスピードが上がり飛距離が伸びインパクトで正しいハンドファーストになります。

  • 雨で締まったガードバンカーの打ち方

    雨で締まったガードバンカー(グリーン周りのバンカー)の打ち方の紹介

  • 球がつかまりやすいスイングとつかまり過ぎて左に行くのを防止するスイング

    ゴルフが上達してくると、コース内で球をつかまえて右に行くのを防ぐスイングと、つかまり過ぎて左に行き過ぎないスイングとを使い分けることでスコアーアップに繋がります。

  • ガードバンカーで砂の入っていない固いバンカーの打ち方

    ガードバンカー(グリーン周りのバンカー)で砂が入ってなく固いところでの打ち方の紹介

  • ボールをクリーンヒットしやすくなるドリル

    ティーアップした球をショートアイアンで打つことによりクリーンに球を打てるようになるドリルの紹介

  • 身体の開きを抑える方法

    身体が早く開いたり大きく開いたりすることによりスライスが出やすくなることがあります。その症状を止める方法を2通りご紹介します。

  • アプローチシャンクのメカニズムと対処方法

    グリーン周りのアプローチでシャンクが出る時の原因とその対処方法を紹介します。

  • 飛距離を伸ばす方法

    ・ヘッドスピードを上げる・ダウンスイングの切り返しを最大にする・スイングプレーンを綺麗にしてミート率を上げる などを実践して飛距離を伸ばすためのドリルを紹介

  • 林からの脱出

    ここではあえてロングアイアンを使わずにミドル・ショートアイアンで林の中から40〜80Y位を脱出する方法を紹介。

1 2 3 4 5次のページ >