NP Golf Studio Atsushi Nakamura Golf  Academy

NP GOLF
STUDIO BLOG鬼か仏か?! 中村敦プロのブログ

2020.11.23

故郷に帰る!



     『故郷に帰る』



 グリップの握り方のレッスンに

 「指をからます様に握りなさい」と言う先生もいれば

 「手のひらで握ってください」と言う先生もいたり


 スタンス幅を

 「スタンスが広い方が体重移動を大きく使え

 飛距離が出ますよ」と言う先生もいれば

 「スタンスが狭い方が身体の回転がしやすいよ」と

 いう先生もいる。


 
 レッスン書にボールポジションは

 「どのクラブも左の踵の線上に置く」って

 書いてあるものもあるかと思えば

 「クラブが短くなればなるほど中に寄っていく」と

 書いてあるものもある。



 当スタジオのレッスンは

 『4スタンス理論』を参考にさせてもらっている。


 4スタンス理論とは人間の身体の使い方、動かし方は

 4タイプあるという理論だ。


 私も長くレッスンをしてきて

 「何故この方は私の言う事が出来ないのだろう?」

 「何故?」「何故?」って思うことがおおいに

 あったが、4スタンス理論を知った今なら

 その方が私のタイプ(B2)と違うから私と同じ様に

 身体を動かせなかったんだなっと今になって思う。


 

 レッスン書を参考にしたり・・・・

 レッスンに通ったり・・・・・・

 上司、親、彼氏、友達に習ったり・・・・

 ユーチューブを見たり・・・・・・・

 このようにしてゴルフを始める方が

 殆どだろうけれど習った相手が同じタイプの人なら

 良いがその確率は4分の1だ。



 意外に多い例がグリップを握る時、

 やたらともじもじしている方がいる。

 
 そういう方は大抵Bタイプの方で

 手のひらで握った方がいい(パームグリップ)

 タイプの方なのに「指でからめる様に握って」って

 習ってしまい気持ちが悪いのにそう習ったから

 忠実にそれを実践しようとしてもじもじする。


 その方に「一度手のひらで握ってみましょうか」と

 提案すると「スッキリ握れる~~」と

 よく言われることがある。



 もう一つの例で・・・・・

 ある方がトップポジションで右脇を開けて

 高いトップポジションをとろうとして

 「全然、良い球が打てない」と悩んでいる。


 話を聞くと

 「トップが高い方がいいと習った」からだそうだ。


 タイプを調べるとAタイプの方なので

 脇はあまり開けない方がいいはずなので

 脇を閉めることを提案すると

 「動きやすくなった」と・・・・・


 続けて・・・・・・

 「何も意識してないゴルフ始めた頃、脇は

 閉めていた」と言う。


 
 『故郷に帰る』



 体験レッスンを受けられる方の中に

 一回もクラブを握ったことない方も多く来る。


 その方々に

 「好きなように握って好きなように構えてみて下さい」と

 言うと大抵、4タイプの自分に合ったタイプ通りに

 アドレスをする。


 いわゆる、その方はその構えが気持ちが良いから

 ここが『故郷』なのだ。


 しかし、ユーチューブ等を観て研究したりして

 違うタイプの事を試みてどんどん『故郷』から

 遠ざかって行って、路頭に迷ってしまう。


 
 関西に住む娘が「ゴルフを始めたい」と言った時

 離れている私が教えてあげるわけにはいかないから

 「誰の意見にも耳を貸さず、気持ちの良いグリップを

 探して気持ちの良いアドレスをして上手に揺れろ」としか

 アドバイスをしてない。

 
 そんな娘は10ラウンドで100を切り、

 11ラウンド目は94で回ってきている。

 スウィングはA1タイプのお手本のような

 綺麗なスウィングをしている。


 娘は『故郷』から離れず、ゴルフをしている。



 『故郷に帰る』


 始めたての時はタイプ通りだったのに少しずれていって

 『故郷』から離れていった方は非常に多い。


 タイプを調べてタイプ通りのアドバイスをすると

 「動きやすい~~~~~」

 「気持ちが良い~~~」


 懐かしい『故郷』に帰ってきた瞬間だ。


 4スタンス理論ってある意味

 『故郷に帰る』飛行機のチケットのようなものだ。



中村プロの動画レッスンをご覧ください。
https://www.youtube.com/channel/UCkuj4bTLYcppNacI0MPlb4w/feed
NPゴルフスタジオのFacebookのページです  
https://www.facebook.com/NPGOLFSTUDIO/
          
  天神に近く、元トーナメントプロが完全な

  マンツーマンスタイルを貫き

  4スタンス理論も取り入れ

  ゴルフレッスンをする、

  数少ない室内ゴルフレッスン施設

  インドアゴルフレッスンNPゴルフスタジオ

カテゴリ:[ゴルファー | NPゴルフスタジオ]

2020.09.21

若い方の体験レッスン!

 最近、20代、30代前半の若い男女の

 体験レッスンが立て続けにあった。


 「知り合いに教えてもらってる」 
 
 「上司が教えてくれる」

 「父に見てもらってる」

 「ユーチューブを見ながら練習している」


 
 私はよく

 「ゴルフって10年後に落ち着いて

 15年後にMAXがくる」とよく言う。


 とある会社のコンペの成績表を見ると

 30代前半までの若手は120~130位の

 成績で40代半ばの中間管理職が100前後で

 50代60代の役員が80台でって感じ・・・・・


 これを見てもゴルフが上達するのには

 時間がかかるのが分かる。


 
 ゴルフが上達するには練習量とラウンドを

 経験することが必須である。当然そこには

 お金と時間が発生する。


 若い方が「ゴルフを頑張るぞ~」と

 思って始めてみても

 中々、思うようにいかず当たらないし

 年に4度のコンペに参加しても

 130台やら酷い時には150オーバー

 ぶっ叩いて撃沈・・・・・・・


 高いお金を払って、気分の悪いラウンドをして

 「こんなことなら別の趣味を」と

 ゴルフからフェードアウトしてしまう。



 最近、20代、30代前半の若い男女の

 体験レッスンが立て続けにあった。


 「知り合いに教えてもらってる」 
 
 「上司が教えてくれる」

 「父に見てもらってる」

 「ユーチューブを見ながら練習している」



 まずは一球、自分のスウィングで打ってもらう。

 すると・・・・・・

 悲しいかなほとんどの方が何かしらの手を

 打たなければフェードアウトしそうなスウィングだ。


 「ゴルフって10年後に落ち着いて・・・・・」


 落ち着くまでガマンが出来ずにどの位の方が

 ゴルフを止めていってるだろう。


 よっぽどセンスのある方だったら

 習わずにゴルフが上達する方も

 おられるだろうけれど

 きっと少数派だろう。


 本来なら年配の方より、身体も強く

 頭も柔軟な若者が基礎をしっかり作っていけば

 かなりの上達が期待できるのに・・・・・・


 ゴルフは一生ものなので若いうちに

 基礎固めして仕上げたら

 後は安泰。


 
 私の任務・・・・・・・・・


 フェードアウトする可能性の高い方を

 フェードアウトさせないこと。


 その方の持っている能力を最大限に

 引き出すお手伝いをすること。



中村プロの動画レッスンをご覧ください。
https://www.youtube.com/channel/UCkuj4bTLYcppNacI0MPlb4w/feed
NPゴルフスタジオのFacebookのページです  
https://www.facebook.com/NPGOLFSTUDIO/
          
  天神に近く、元トーナメントプロが完全な

  マンツーマンスタイルを貫き

  ゴルフレッスンをする、

  数少ない室内ゴルフレッスン施設

  インドアゴルフレッスンNPゴルフスタジオ

カテゴリ:[ゴルファー | NPゴルフスタジオ]

2020.03.23

プレーイング4の有無!

 ラウンドをしたら必ずスコアーの報告を

 してくるA様。

 
 A様、80台の半ばで回ってきたかと思ったら

 110に近いスコアーの時もある。


 
 A様、某ゴルフ場の会員だが、月例競技や

 プライベートではそんなに悪くない。


 では・・・いつ・・・・・110?


 実は研修会の時にスコアーが悪くなってしまう。

 
 なぜ研修会で??????


 このゴルフ場はティーショットがOBになった場合

 月例競技はプレーイング4(前進4打)からプレー
 
 することになっている。


 しかし、研修会ではプレーイング4は使用せずに

 ティーイングエリアから1打罰打で打ち直しを

 しなければならない。
 

 A様曰く、狭いホールや苦手なホールは

 何球も何球も連続してOBが出てしまうのでは

 ないかと恐怖を感じ、全く自分のスウィングが

 出来なくなってしまう。


 結果、OBを量産してしまう。




 殆どのゴルフ場にはOBするとプレーイング4の

 措置が取られるホールがあるが、ゴルフ場の3大競技

(クラブ選手権、理事長杯、キャプテン杯)は

 プレーイング4は使用しない。


 かつて、私が所属していたコースに180ヤードを

 越える、谷越えのショートホールがあった。

 このホール160ヤードは打たないと谷を

 越えることができない。


 飛距離の出ない方だとフェアーウェーウッドを

 使用する方も多いホールだ。


 この所属していたコースもやはり月例競技は

 プレーイング4を使用していたため、谷に

 打ち込めば谷の向こう岸で4打目からプレー

 することが出来た。


 しかし、やはり3大競技ではプレーイング4が

 使えないため何球も何球も谷の中に球を

 打ち込み続け、結果、持参した球を使い切り

 ギブアップする方もいた。


 福岡の某ゴルフ場でも3大競技で何回も谷を

 越えないでギブアップした話を聞いたことがある。



 プレーイング4は日本独特のもので海外にはないし

 もちろんルールブックには載っていない。
 
 プレーヤーをスムーズにラウンドをさせる策として

 存在する。


 OBすることは出来ることなら避けたいが

 アベレージゴルファーには無理であろうから

 プレーイング4はあった方がいいのかもしれない。


 ただ、将来、シングルプレーヤーを目指している方や

 競技ゴルフを目指している方には

「プレーイング4は存在しないものだと思ってください」と

 言っている。

 

 私も生涯一度だけ「OBしたらどうしよう。OBの後

 もう一度OBしたらどうしよう。その後OB打ったら

 終わりだ」と考えてティーイングエリアに立って

 いたことがある。


 28年前のプロテストの最終日の18番ミドルホール。


 合格ラインに4打の余裕があったためダブルスコアーの

 8でも受かるのだが心境は冒頭の通り。


 この時、もしプレーイング4があったなら気楽に

 ティーショット出来ていただろうが・・・・・・


 結果はパーだった。

 


 プレーイング4・・・・・・・・・・

 あった方がいいのか?

 無い方がいいのか?



中村プロの動画レッスンをご覧ください。
https://www.youtube.com/channel/UCkuj4bTLYcppNacI0MPlb4w/feed
NPゴルフスタジオのFacebookのページです  
https://www.facebook.com/NPGOLFSTUDIO/
          
  天神に近く、元トーナメントプロが完全な

  マンツーマンスタイルを貫き

  ゴルフレッスンをする、

  数少ない室内ゴルフレッスン施設

  インドアゴルフレッスンNPゴルフスタジオ

カテゴリ:[ゴルファー | NPゴルフスタジオ]

2019.12.02

1割、2割、7割!


 「最終ホール終わったらすぐにその場で
  
  電話しましたよ~」とある男性会員様。


 聞けば、前日のラウンドの時、一緒に

 回った方にスマホを渡して自分のスウィングを

 撮影して貰ったとのこと。

 
 そのスウィングが当スタジオのスウィング解析機に

 映る自分の姿とはあまりにも異なり、ショックを

 受け、直ちに電話予約・・・・・


 「先生、見てくださいよ~。酷いものですよ」


 差し出されたスマホのスウィング動画を見て

 「この方もか!」と私・・・・・


 私は今までに、のべ千人を超えるアマチュアの

 方とラウンドをしてきた。


 その経験で見てきたものは・・・・・

 
 ゴルフスウィングは通常、進行方向の左に

 クラブヘッドが抜けていくのが一般的だが

 真っすぐに飛ばしたい気持ちが強いあまり

 クラブヘッドを進行方向に放り出し

 ”バンザイ”をするようなフィニッシュに

 なる方は非常に多い。


 結果、チーピン、ドスライス、チョロとなる。



 『1割、2割、7割』

 よく私が使うセリフ。


 コースで、当スタジオのスウィングとまったく

 同じスウィングが出来る方が1割の方。


 注意していれば出来て、コースが狭かったり

 すると出来なかったりと

 ”出来たり、出来なかったり”の方が2割。


 7割の方がスタジオでのスウィングがまったく

 出来ない、私が見たことのない

 ”まったく知らない人”


 1割の方はみるみる上達していく。

 2割の方は周囲から

 「上手くなったね~」と声を掛けられる。

 7割の方は周囲から

 「おしいよね~」と言われ、何となく

 結果が出そうで出ない方。


 前出の男性のスマホの中のスウィングは

 まさに『7割の方』だった。


 この男性の性格は”くそ真面目”と言っていいほど

 真面目な方なので、1割もしくは2割に

 入っていると思っていたが・・・・・


 残念ながら”7割の方”だったが

 男性・・・・・・・

 力強く

 「1割の中に入りますよ」と言った。



 当スタジオでのスウィングとコースでの

 スウィングが同じになる方を・・・・・


 2割、3割・・・・10割としたい。



中村プロの動画レッスンをご覧ください。
https://www.youtube.com/channel/UCkuj4bTLYcppNacI0MPlb4w/feed
NPゴルフスタジオのFacebookのページです  
https://www.facebook.com/NPGOLFSTUDIO/
          
  天神に近く、元トーナメントプロが完全な

  マンツーマンスタイルを貫き

  ゴルフレッスンをする、

  数少ない室内ゴルフレッスン施設

  インドアゴルフレッスンNPゴルフスタジオ

カテゴリ:[ゴルファー | NPゴルフスタジオ]

2019.09.16

空中のハザード!

 池・・・・・・・・

 バンカー・・・・・ 

 いわゆる”ハザード”


 
 ある女性とラウンド・・・・・・・・

 残りは70ヤードのミドルホールの3打目、

 足場は平らでライは悪くない。

 持ったクラブはPW。

 
 気持ちよく振り抜いたナイススウィング。

 「カーン、ボコッ」

 球は20ヤードほど先に転がっている。


 打った球はフェアーウェーに生えて、頭の上を

 覆っていた松の枝を直撃した。


 彼女の打った所に行ってみると、確かに

 視界は広がっていてグリーンが見渡せる。


 しかし、上に枝があるので普通は低い球を

 要求されるケースなのだが・・・・・・


 彼女はPWでフルスウィングをして

 枝にあてた。


 彼女に聞いた。

 「上の枝は気にならなかったですか?」に

 対して彼女は

 「枝は見えてなかった」




 ある男性の1打目は右のラフでグリーンまでは

 155ヤード。

 持ったクラブは7番アイアン。

 鋭く振り抜いた。

 「カーン、ボコッ」

 結構、低い枝がグリーン方向にあったのだが・・・

 この男性も「当たるとは思わなかった」とのこと。



 池、バンカーはよく見えているのに・・・・・・


 空中(頭上)は見えていない方は意外に多い。


 池、バンカーが地上のハザードだとしたら

 上にある木の枝は”空中のハザード”だ。



 ”空中のハザード”

 
 餌食になっているアマチュアの方は多い。



 枝(空中のハザード)には気付いていて

 球の高さの認識が甘くて当ててしまうことは

 まだ仕方のない面もあるが、枝の存在すらにも

 気付いていないことは考えものだ。


 
 左、右、下ばかりでなく

 『上』も見てゴルフをしよう。



中村プロの動画レッスンをご覧ください。
https://www.youtube.com/channel/UCkuj4bTLYcppNacI0MPlb4w/feed
NPゴルフスタジオのFacebookのページです  
https://www.facebook.com/NPGOLFSTUDIO/
          
  天神に近く、元トーナメントプロが完全な

  マンツーマンスタイルを貫き

  ゴルフレッスンをする、

  数少ない室内ゴルフレッスン施設

  インドアゴルフレッスンNPゴルフスタジオ

カテゴリ:[ゴルファー | NPゴルフスタジオ]

次のページ >