NP Golf Studio Atsushi Nakamura Golf  Academy

NP GOLF
STUDIO BLOG鬼か仏か?! 中村敦プロのブログ

2013.02.27

メジャーチャンプ来たる!


  27日13時40分・・・・・・・

  私のレッスン中に日焼けをした大柄な男が入ってきて

  フロントスタッフとなにやら話をして出て行った。

  「今のどなた?」とスタッフに聞いたのだが

  「10分くらいでまた来るから」と教えてくれない。

  そして14時のレッスンの空き時間に現れたのは・・・・・・



  2011年の『日本プロゴルフ選手権』優勝者

  ”河井 博大プロ”


  
  彼とは兵庫県在住時代に彼がデビューした1996年から1999年までず〜と

  一緒に試合に行っていた仲。

  14年ぶりに逢いました。


  次のレッスンが14時半に入っていたため30分ほどしか話出来ませんでしたが

  すごく嬉しかった。


  「宮崎のきったないホルモン屋で支払いの事で○○プロと揉めたとき

   中村さんが仲裁に入ってくれましたよね・・・・・・笑、笑」 等々



  またの来場を約束して彼は帰っていきました。


  
  彼が最後に言った言葉・・・・・・・・・・・

  「俺、口べたやからレッスンできん」


  

カテゴリ:[プロゴルファー | NPゴルフスタジオ]

2012.11.24

藍ちゃんに勲章!


  宮里 藍ちゃんが米女子ツアーで

  ウィリアム&モージー・パウエル賞を受賞しました。

  この賞は『最も模範的なプレーヤー』に贈られる賞でアジア人で初受賞のようです。

  
  ・プレー中は笑顔を絶やさず、ミスしてもクラブを叩きつけない。

  ・同伴者を挙げて「お陰で楽しくプレーできた」と感謝を忘れない。

  ・最後の一人までファンへのサインを続ける。
                                 etc.


協会のスタッフは「アイはこのツアーの財産よ」と言っているらしい。



  日ごろから「あなたとラウンド出来て楽しかった」と言ってもらえる

  プレーヤーになることが目標の私にとって、”藍ちゃん”のこの賞の

  受賞は本当に嬉しい。


  昨今、アマチュア界でもキャディ無しのセルフプレーが多くなってきて

  一昔前よりマナーが著しく悪くなってきていることが気になります。

 
  我々も”藍ちゃん”を見習って模範的なゴルファーを目指したいものです。


    ”強くて良い人”・・・・・・・・・そう多くはいない

  

カテゴリ:[プロゴルファー | NPゴルフスタジオ]

2012.03.26

帰ってきた男!



  アーノルド・パーマインビテーショナルでタイガー・ウッズが優勝

  2年6ヶ月・・・・・・・・・・待ちに待ったタイガーの優勝


  ギャラリーの「Tiger is back! Tiger is back!」の声援・・・・・・

  
  みんなタイガーの優勝を心待ちにしてたんだな〜


  私も本当に嬉しい

  
  また、彼が勝ち続ける姿を見たい


 
  私がまだ高校生頃、しばらく勝てていなかったジャック・ニクラウスが

  46歳でマスターズに優勝したときの"Jack is Back Jack is Back"の

  声援・・・・・・・・・・・・あのときの感動を思い出した

カテゴリ:[プロゴルファー | NPゴルフスタジオ]

2012.03.06

マキロイ、タイガー、遼君!


  米ツアーホンダクラッシックで優勝したローリー・マキロイが

  ルーク・ドナルドを抜き世界ランク1位

  22歳・・・・・・新時代の幕開けを感じる・・・・・・


  そのホンダクラッシックでタイガーが62で猛追2位に入る。

  タイガーファンの私としたら嬉しい結果・・・・・

  チョットしたきっかけでまた勝利をあげてくれると信じている。


  
  遼君マスターズ内定

  現在、世界ランク53位の遼君、マスターズ出場にはランク50位内が

  必要だったけれど特別推薦をもらえるようだ。

  やっぱり『マスターズ』には遼君がいなきゃ面白くない。



  マキロイ、タイガー、遼君それと藍ちゃんの活躍が楽しみな今日この頃!


  

カテゴリ:[プロゴルファー | NPゴルフスタジオ]

2012.02.20

トーナメントコース!



   その昔、トーナメントに出だした頃、特にビックリしたことが

   グリーンの速さ硬さ

   グリーンが速いのはわかるとしても、硬さは半端ではなかった。

   コースによったらグリーン上に立っても鋲(当時は金属)が突き刺さらない。

   当然、相当にスピンの効いた良い球を打たなくてはグリーン上に

   球は止まらない。

   だから、ミドルアイアン以上になるとピンがどこに立っていようと

   グリーンの手前のエッジ狙い。

   フェアウェーからでこれだからラフからなんて”絶望的”


   自分の所属先のゴルフ場で66〜68位でラウンドをしていても
  
   トーナメントのコースでは72を超えてしまう。


   コースレート(コースの難易度を示す数字)は一般のコースで

   68〜71位

   トーナメントコースで73〜77位


   一般のコースを70台でラウンドが出来る方でもトーナメントコースだと

   90台になってしまうだろう。


   タイガーが全盛期の頃のハンディキャップは+11・・・・

   一般のコースを回れば61ストロークになる。


   成績をあげているプロはやはり凄いと思う。

カテゴリ:[プロゴルファー | NPゴルフスタジオ]

< 前のページ 次のページ >